ひとり劇場

まだMariaで、リンクが来たばかりのとき。

プレゼントの流れはパロディ含んでます

シオン
(諸用で中央庁に赴いたマリアからお土産。)
リンク
全く…。そのような浮かれた事をするために中央庁に行ったのでは――、
マリア
ルベリエ長官最新のスイーツレシピ。
勿論、直筆サイン入り。
シオン
(懐から本を取り出したマリアに、リンクの言葉が止まる。)
アレン
お土産がルベリエ長官の本だなんて。
マリアも変わったことしますねえ…
ラビ
いんや、マリアがホクロ二つのツボを押さえてるだけさぁ?
シオン
(“ お互いの事知り尽くしてるんさね〜。”
ラビ選手、見事なオウンゴール。
マリアを好いている者としてはあまり考えたくない事柄であるというか、アレンに至っては完全に拗ねきっている。
二人はどんよりと頭を下げ、沈黙した。)
シオン
 





科学班。コーヒーを淹れるリナリー
リナリー
あっ!はい、マリアのはこっちよ。
シオン
(リナリーが笑顔で差し出したのは 細かい花柄をあしらった、シンプルながらにお洒落なデザインのティーカップとソーサー。)
マリア
ありがとう。
ふむ…見慣れないデザインだな?
リナリー
あら? 監査官から聞いていないの?
シオン
(お盆を持ったままのリナリーがきょとんとした表情をするが、
思い当たる節がないらしいマリアは首を傾げる。)
マリア
リンク?
リナリー
今朝頼まれたのよ。
これからマリアの飲み物はコレに淹れてくれ、って。
シオン


(※任務のためにコムイから呼ばれ、室長室に向かっているアレンとリンクが通りかかる。)
リンク
いえ、誤って買ってしまったので。
どうぞお使いください。
シオン
(どう見ても女物のそれに、周囲は自然と頬が緩くなる。)
マリア
リンク………君、こんなに可愛らしい物を……
シオン
(“好む性格だったとは。”
ああ、マリアもいじらしい監査官の気持ちに感動して……って、)
ハモリ
え?
シオン
(科学班のフロアに居合わせた全員と声が重なった。
当事者の、二人以外は。)
ラビ
ホーント鈍感さねぇ、マリアは!
ホクロ二つは、マリアのために選んで買って来たんさぁ〜
リンク
なっ、ジュニア!?
シオン
(いつの間に入って来たのか、ラビが監査官の背後からひょっこりと顔を出した。)
リンク
か、借りを返しただけですからっ!!
マリア
えっと……私、君に何か貸したか?
リンク
長官直筆サイン入りスイーツレシピ新刊のです!
“ 私の親愛なる部下、ハワード・リンク監査官へ。マルコム・C・ルベリエ ”…。
アレを書かせたのは貴女ですね!?長官はお忙しい身なのだから、このような無茶を言うのは控えろと何度も…!!
マリア
気に入らなかったか?
リンク
いや、感謝する。
シオン
(全員がズッコケた。
いやいや、今の完全に説教する流れだっただろ。どんだけ長官好きなんだお前。
つーか、最後の方敬語外れてたぞ。)
シオン
(案外 ただ頭が固いだけの犬公じゃねえかもな、なんて。
そう気付かされるのは、いつだってあいつ等ティーンズで騒いでる時。
何と言うか、若い奴らに括らず この二人の組み合わせは見ていて微笑ましい。)
アレン
…ちんく?
そろそろコムイさんのトコに行かないと、
僕の左腕みたいにキミのホクロも改造されますよ?
シオン
(まあ、背景に見える黒い笑顔を除けば、だが。
監査官は、“僕の左腕みたいにね!!”と頻りに叫ぶアレンに連れられ、大人しく室長室へと姿を消した。 )

 

投稿日時:2017-02-17 22:08
投稿者:夢椿
閲覧数:1