ひとり劇場

牛若チョコレート

牛若丸、チョコレートを作りました。

牛若丸
あ!
ちょうどいいところに!
牛若丸
ヘラクレス殿、これを。
ヘラクレス
…………
牛若丸
ん、何のことか分からないという顔をしていますね。
ヘラクレス殿、今日が何の日かご存知ないのですか?
ヘラクレス
…………
牛若丸
もう、バレンタインですよ!
バレンタイン!
年に一度の一大祭り、それがバレンタインなのですよ!!
牛若丸
バレンタインでは日頃の感謝を込めて、あるいは恋心をこめて、おなごが殿方にチョコレートなる菓子を献上するのです。
ヘラクレス
…………
牛若丸
どうですか?
ヘラクレス殿、胸踊る素晴らしい祭だと思いませんか?
ヘラクレス
…………
牛若丸
むー、分かっているのかどうか理解しかねる反応ですね。まあ、いいです。
牛若丸
というわけでヘラクレス殿、これをあなたに受け取ってもらいたいのです。
女のわたしから、殿方のあなたにバレンタインチョコレート、です!!
ヘラクレス
…………
牛若丸
実は、今日という日のために、わたし、カルデア中の殿方、いや姫御前の方々もふくめたすべての人たちに送るべく、たくさんのチョコレートを用意していたのです!
ヘラクレス
…………
牛若丸
しかし、たくさんあるからといって、わたしの皆さんへの好意が分散しているわけではありません。
チョコレートはたくさんですが、そこに込められたわたしの気持ちは一人一人に向けられたものです!!
ヘラクレス
…………
牛若丸
それに味も自信あり。今までにあげた皆さん、皆が皆これ以上の美味は考えられないといわんばかりに食べてくれました。
なかには、あまりに美味のため、気絶してしまった方もいるくらいです。
牛若丸
まあ、わたしは天才ですから、美味にしようと思えば容易いですが、加えてわたしの思いが合わさって気絶するほどの美味しさを生み出すことができたのでしょう!!
ヘラクレス
…………
牛若丸
っと、話はこれくらいにして。
牛若丸
それでは、ヘラクレス殿、お召し上がりください!
あ!
あなたには特別にわたしが食べさせてあげますね!
ヘラクレス
…………
牛若丸
だって、あなたにかかっては食する前に、その強すぎる力のせいでチョコレートが砕けないとも限らないですもの。
牛若丸
では、あーんしてくださいヘラクレス殿。
ヘラクレス
(あーん)
ヘラクレス
パクッ!!
ヘラクレス
もきゅもきゅ!もきゅもきゅ!もきゅもきゅ!
ヘラクレス
!?
牛若丸
お!
ヘラクレス殿、どうなさいました?そんなに大きく眼を見開けて。
牛若丸
あっ、そうですか!あまりに美味すぎてびっくりなさったのですね!!
ああなるほどー。
ヘラクレス
!?!?!?!?!?!?!?!?
牛若丸
ん?両手で首をおさえて、これはいったい??
あ!そうか!あまりに美味すぎて、その感動を体で表現したくなったのですね!!
ヘラクレス
!?!?!?!?!?!?!?!?
牛若丸
あ、頭を振り始めました。やっぱり、そうなのですね。わたし、嬉しいです!!
ヘラクレス
!?!?!?!?!?!?!?!?
牛若丸
おや、ヘラクレス殿、今度は屈みこんで、体が震え出しました。
これは、どういう?
牛若丸
おおそうか、チョコレートを飲み込んだから、その味わいが徐々に無くなりかけていて、それで感動が消えていくのを落胆しているのか!!
しかしご安心を!ヘラクレス殿!
牛若丸
牛若丸のチョコレートはその程度では終わりませんから!
だって天才がつくったチョコレートなのですから!
ヘラクレス
!?!?!?!?!?!?!?!?
ヘラクレス
ビクンっ!!
牛若丸
ほら、来ました。魚のように体がビクンッと跳ねました!チョコレートの味わいが息を吹き返した証拠ですよ、それ。
牛若丸
わたしのチョコレートは口だけで味わうものではありません!
全身で味わうものなのです!侮ってもらってはこまります!
ヘラクレス
!?!?!?!?!?!?!?!?
牛若丸
ひっくり返りましたねヘラクレス殿。
もはや、チョコレートの味わいは全身に行き渡りました。
牛若丸
実をいうと、今まで食べてもらった人たちでここまでいった人は数少ないのですよ!
牛若丸
ヘラクレス殿はやはり大英雄なだけはあります!さすがです!わたし、いま落涙しそうなほど嬉しいです!これは気絶までいきそうですね!
ははは。
ヘラクレス
!?!?!?!?!?!?!?!?
牛若丸
おおっ!嘔吐、まさか嘔吐するなんて。
おそらく、あまりに美味であるがゆえ、一周回って、その衝撃に体が拒絶反応を起こしたのでしょう。
牛若丸
ふむ、気絶かわりに嘔吐が来ましたか。しかし、チョコレートを味わっていることにはかわりない。
いやあ、ヘラクレス殿、あなたは本当に素晴らしいです!!
牛若丸
あなたはまるでわたしのチョコレートを味わうためだけに生まれてきたかのようなお人です!!
牛若丸
さあ、わたしのチョコをどこまでも味わうよう、どんどん嘔吐してください!!
ヘラクレス殿!!ヘラクレス殿!!
ヘラクレス
むくり
ヘラクレス
ふーふーふー………
牛若丸
ん?どうしました?ヘラクレス殿……
あ、武器を持って……
いったい??……
牛若丸
ああそうですか、そうですか。
その武器を使って、チョコレートの感動を表すため、喜びの舞いでもしようというわけですか??
武器を高々に振りかぶって……
ヘラクレス
ガンッ!!!
牛若丸
えっ!?あれ、あれれ………
へ、ヘラクレス殿!ちょっと、いくら高揚しているからといって、危険な振る舞いはやめていただきたい!
牛若丸
もし今わたしがあなたの舞いを見物しようと後ろに下がらなかったら、その斧はわたしの頭を打ち砕いてましたよ!
もう、まったく!
牛若丸
ん??
ちょっ、ちょっと!………
ヘラクレス
!!!!!!!(殺す!!)
牛若丸
ええーっ!!!
ブーディカ
●●●
ブーディカ
……うへー。
ブーディカ
牛若丸のやつどうやったらあんな激マズなチョコを作れるんだろ。
それに、本人がぜんぜん自覚してないから余計にタチが悪い。ある意味で天才よね。
ブーディカ
でも、あの狂化チョコを食べたのは、あたしとマタハリ、サンソンの三人だけ……
被害がみんなに広がる前に、何とかやつを捕まえないと……
牛若丸
うわああああああああ!!!
ブーディカ
悲鳴!?しかも牛若丸の悲鳴じゃない!?
あ!まさか……
牛若丸
●●●
牛若丸
うわああああああああ!!!
ヘラクレス
!!!!!!!!!!!(殺す!!)
ブーディカ
あー、やっぱりそうかあー。
牛若丸
へ、ヘラクレス殿、お、落ち着いて!!
わたしのチョコが美味なことは充分分かりましたから!!
ヘラクレス
!!!!!!!!!!!(殺す!!)
ブーディカ
まあ、ヘラクレスに食べさせたらこうなるなー。
牛若丸
あ!ブーディカ殿、ちょうどよいところに!
ヘラクレス殿がわたしのチョコレートを食べてこんなふうに!!
殺したくなるくらい美味になるように作った覚えはないのに!!
ヘラクレス
!!!!!!!!!!!(殺す!!)
牛若丸
ブーディカ殿、どうかお助けください!!
わたしはこんなところで儚くなるわけにはいきません!!
まだまだたくさんの人たちにチョコを差し上げないといけないのですから!!
ヘラクレス
!!!!!!!!!!!(殺す!!)
ブーディカ
んー……
ブーディカ
ニヤリ
ブーディカ
やっちゃえ、バーサーカー(裏声)
ヘラクレス
!!!!!!!!!!!(雄叫び)
牛若丸
ひぃやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

 

投稿日時:2017-02-16 22:47
投稿者:シスカ
閲覧数:11

− シスカさんの作品一覧 −

※投稿者名が重複する方の作品も含まれる場合があります