ひとり劇場

聖アンデルセンの気まぐれ

憎たらしいけど憎めない、それがアンデルセンです。

アンデルセン
……
ブーティカ
お?
アンデルセンじゃない。
ブーティカ
やあ、こんにちはーアンデルセン!
元気??
アンデルセン
……
アンデルセン
フッ!
ブーティカ
あー!ちょっと、なに笑ってるのよ!しかもその人をバカにした笑いかた!
やっぱり、わたしの顔に何かついてるんでしょ?
いや、あんたがいちいちそんなこと気に留めたりしないか。
ブーティカ
ねえ、いったいなんなの?教えなさいよ!
アンデルセン
まあまあそう舞い上がるな、見苦しい。
いやなに、あれだ、貴様の乳はあい変わらずバカにでかいなと思ってな。
ブーティカ
はあ!?な、なに言ってるのよ?
ブーティカ
まあ、自分で言うのも何だけど、確かにわたしのお乳は大きいほう………
いやいや、ってかあんたそんなことで笑ったの??
アンデルセン
はあ?バカか?貴様。そんなことくらいで俺が笑うはずないだろう。
貴様のでか乳を見て、ふとあるイメージがよぎって、それがおかしくて笑ったのだ、まったく。
ブーティカ
どんなイメージよ??
アンデルセン
ほら、俺は子どものころの姿で現界したろう??
ブーティカ
うん。
アンデルセン
そんな俺の体は大きいか、小さいか?
ブーティカ
まあ、子どもの姿だから小さいけど……
アンデルセン
そうだろう?
その小さい体の俺に、貴様のでか乳がくっついてみろ、一体どうなる?
そのでかすぎる乳の重さに耐えかねて、俺の体はひどく前屈みになるに違いない。そう、ヨボヨボの老婆のようにな。
アンデルセン
それに、子どもの体にそんなでか乳がくっついてる姿がまずもって異様だ。化け物という他ないだろう。
とまあ、こういう考えが、ふっと脳裏をよぎったのだ。どうだ?滑稽だろう?笑わないわけにはいくまい、ハッハッハッ!!
ブーティカ
……
アンデルセン
喜んでいいぞ、ブーティカ、もとい、でか乳!
貴様の生活するうえでは邪魔でしかないそのでか乳が作家の想像力を刺激したのだ!
どれ、一つそのような人物が主人公の物語でも書いてみようか??
アンデルセン
ハッハッハッ!!
ブーティカ
あんた、いつにも増して今日はぶっ飛んでるわねえ……
それに、いつにも増して憎たらしいわ。
アンデルセン
憎たらしくてけっこう。
別におまえに好かれたからといって、目を見張るようなアイデアが浮かんでくるわけでもなし!
ブーティカ
あのねえー、そういうところが憎たらしいって言ってるのよ……
アンデルセン
だから、憎たらしくてけっこうだと言っているだろう??
ブーティカ
はあー……
ねえ、アンデルセン?
わたしね、あんたとはそこそこの付き合いだけど、いまだにあんたの良いところが見つからないのよ。
アンデルセン
おまえが俺の良いところを見つけたところで、俺に一体どんな得がある?
俺の執筆速度が上がるというのか?
反故の原稿枚数が減るというのか?
なんにもならん。ただ、おまえが自己満足に酔いしれるだけではないか?
まったく、馬鹿馬鹿しい。
ブーティカ
じゃあアンデルセン、あんた自身、自分の良いところって何だと思う?
あ、良いところっていうのはサーヴァントとか作家としての良いところじゃなくて、人間として良いところね!!
アンデルセン
答えたら俺を解放すると約束するか??
ブーティカ
あー、あたしが納得したらいいよ!!
アンデルセン
まったく!とんだ痴れ者に捕まってしまったものだ。栄養がそのでか乳ばかりに行って、肝心の頭脳にはあまり行き届いてないのだろう……
アンデルセン
いいだろう、答えてやる。
アンデルセン
ふむ、俺の良いところ、か。
そうだな。
俺には人並外れた想像力と集中力が備わっている。そのおかげで俺は数々の作品を世に送り出すことができたわけだ!!
アンデルセン
よし!これでいいだろう。
じゃあ俺は行くぞ。
ブーティカ
ダメです。
それは作家としての良いところであって、人間としての良いところじゃないです。
アンデルセン
作家は人間なのだから、かまわないじゃないか??
ブーティカ
屁理屈をこねないの。
人間としての良いところっていうのは、たとえば、小さな子どもを見ると思わず微笑んじゃって、胸が温かくなるとか……
そういうの。
アンデルセン
じゃあもうそれでいいぞ。
ブーティカ
ダーメ!
ちゃんとあんた自身のことを考えて答えてちょうだい。で、あたしを納得させてちょうだい。
アンデルセン
糞っ!!
ブーティカ
ほらほら想像力が豊かなことが自慢なんでしょう?
じゃあ、考えて考えて!
アンデルセン
ううむ………
うむむ………
アンデルセン
お!

閃いた!!
ブーティカ
なになに?言って。
アンデルセン
俺は、はっきりと判断を下す。
良いものは良いといい、嫌なものは嫌だと妥協なんぞせずはっきりと判断する。
例えば今のこの時間だ。この非生産的で、ぬるま湯のような時間。
これは嫌なものだ。
俺は一刻も早く、でか乳、おまえの前から姿を消したい。
アンデルセン
どうだ?これが俺の人間として良いところだ。納得しただろう?
ブーティカ
ダメだこりゃ……
ブーティカ
じゃああんた自身のことはもういいから、今度はあたしの良いところを言ってよ!
アンデルセン
はあ!?何故だ?
ブーティカ
誰かの良いところを言ってあげるってことは、誰かを喜ばせるってことだからね。
誰かを喜ばせるのって、良いことでしょ?
そいでそんな良いことが出来るってのは、その人の良いところじゃない?
ブーティカ
あ、もちろん、これもあたしが納得しないとダメだからね。お乳がでかい、とか、そんなの却下だからね。
さあ、考えて。
早くわたしから解放されたいんでしょお?
アンデルセン
貴様というやつは、物語でいえば駄作も駄作、超駄作もいいところだな。どこまで俺を煩わせれば気が済むのだ!?
ブーティカ
はい、却下!
アンデルセン
むー。
アンデルセン
そうだな……
ブーティカ、おまえサーヴァントとして現界した姿のころには、確かすでに子どもがあったと言っていたな。母親であると。
ブーティカ
うん、そうだね。
アンデルセン
ふむ、だが今のおまえの姿を見たところ、とても子を持つ女には見えない。
つまり一般的な母親像とはかけ離れた、非常に若々しい姿をしているということだ。
しかし、姿はそうだが、おまえは母親らしく母性愛に満ちている。俺には鬱陶しいだけだが、ひどく面倒見が良い。
ブーティカ
ふんふん。
アンデルセン
つまり、ギャップというやつだ。母親らしからぬ容姿だが、その実母親で、母親らしい一挙手一投足を見せる。それは一つの属性としては、もはや完璧だ。
実際、おまえのファンは多いことだろう。この俺は違うがな。
まあ、つまりおまえは人に好かれやすいタイプだということだ。
ブーティカ
へえー!
てっきり、おまえにはなにも良いところなどない、いや良いところがないことが一周回って良いところなのだ、とかなんとか言うのかなあって思ってたけど……
やれば出来るじゃない!!
ブーティカ
嬉しいなあー!
へえー、あたしのことそんなふうに思ってたんだあー!
アンデルセン
お、おい!やめろ!!
俺の頭を犬のように撫でたりするな!
ブーティカ
ありがと、アンデルセン。
最初はお遊びのつもりだったけど、それがこんなに元気を貰えるなんて。
しかも、あんたにとはねえー。
アンデルセン
満足したか?
アンデルセン
それはそれは何より。
では、俺はもう行ってもいいな??
ブーティカ
そういえば、同じようなことシェイクスピアも言ってたなあー。
アンデルセン
なにぃ!?あの劇作家が、か?
ブーティカ
うん。
あれは、いつ言われたんだったっけか?
よく覚えてないけど、急にやってきて急に言われたのよ。細かいところは違うけど、だいたい同じことを。
ブーティカ
ん?どうしたのよ、アンデルセン。
変な顔して……
アンデルセン
悪いが、前言撤回させてもらおう。
アンデルセン