ひとり劇場

びん詰めの少女

てすとてすと

メルク
起っきるのですよ〜っ!
ユウ(主人公)
うわあっ!? なな、なんだ!?
ユウ(主人公)
ってメルク!朝からそんな大声出すなよ!
メルク
いつまでたっても起きない方が悪いのですよ〜!
メルク
って、それどころじゃないのです!
メルク
癒術士なのです!癒術士が村に来てるのですよ!
ユウ(主人公)
癒術士って、モンスターを癒すために世界を巡ってるっていうあの癒術士か?
メルク
そうなのです!癒術でモンスターを穏やかにできるあの癒術士なのですよ!
メルク
って、どうしてそんなに他人事なのですよ!?
メルク
あなただって癒す力が現れたのですから、癒術士になれるのですよ!
ユウ(主人公)
メルクまで母さんみたいなこと言うなよ……。
ユウ(主人公)
俺は癒術士になる気なんかないっての。
ユウ(主人公)
だいたいモンスターに好んで近づくなんて……。
メルク
もう!いい加減そのモンスター恐怖症を治すのですよ!
メルク
そろそろパン屋さんの看板モンスターから大幅に遠回りして村を歩くのは嫌なのですよ!
ユウ(主人公)
ってメルクはびんから出られないんだから、疲れるのは俺だけだろ……。
ユウ(主人公)
それで、癒術士がなんなんだよ?
メルク
はっ!そうなのですよ!
メルク
私を癒術士のところまで連れて行って欲しいのですよ!
ユウ(主人公)
ええ?やだよ。
ユウ(主人公)
母さんに知られたらまた癒術士になれってうるさく言われるだろうしさ……。
メルク
ケチ! 見損なったのですよ!
長年の友達の頼みを断るなんて!
ユウ(主人公)
……だいたいどうして癒術士のとこに行きたいんだよ?
ユウ(主人公)
まさかイケメン癒術士との出会いを求めて……。
ユウ(主人公)
やめとけ?液体と固体の恋は難しいぞ?
メルク
頑固な固体と包容力のある液体、お似合いでは……、
メルク
って違うのですよ!聞きたいことがあるのです!
ユウ(主人公)
聞きたいこと?
メルク
私のことなのですよ!
ずっと探してきましたが、これまで私のようなびん詰め美少女にあったことはないのです!
ユウ(主人公)
いや、いっぱいあるぞ? あの戸棚の上の……、
メルク
あれはびん詰めのマムシなのですよ!?
メルク
ってそうじゃないのですよ!
メルク
私は私と同じ仲間を探したいのですよ!そうしたら私の記憶の手がかりも手に入るかもなのですよ!
ユウ(主人公)
俺に会う前の記憶がないんだっけ?
ユウ(主人公)
なるほどな。それで、世界を旅する癒術士ならなにか知ってるかもってことか。
メルク
そうなのです、私は自分が何者か知りたいのです!とりあえずびん詰めのマムシでない確証だけでも!
ユウ(主人公)
たしかにずっと記憶がないこと気にしてたしな……。
ユウ(主人公)
ま、メルクには色々世話になったし、連れてってやるよ。
メルク
ほんとなのですか!
メルク
ようやく私の魅力に……、
ユウ(主人公)
もうちょっといろいろ成長してから言え。
メルク
く、質量保存の法則が恨めしいのです……!
家の外へ

3  

投稿日時:2017-02-09 16:28
投稿者:しぐれ@メルスト
閲覧数:7

↑このページの先頭に戻る