ひとり劇場

正しさの尺度

正しいものはいつだって、認められるとは限らない。それが正しいのかも定かではなく、私達は手探りで進むしかない。

セラフ研究者
みんな~。
セラフ研究者
今日の薬だよ~。
セラフ研究者
💊
「第五天使 旋風の司令塔」
…………………(ごくん)
「第三天使 黄昏の覇者」
(ごくっ)
「第六天使 星の操人形」
(ごくり)
セラフ研究者
大丈夫?異常ない?
「第六天使 星の操人形」
うん、いつもどおり。
身体が鎮まっていく感じがするよ
「第三天使 黄昏の覇者」
………元気になります
セラフ研究者
そっか、よかった。
セラフ研究者
…ねえ、みんな。
「第六天使 星の操人形」
ん?
セラフ研究者
ワタシは正しくないのかな。
セラフ研究者
ワタシがやっていることは、
間違っている…ことなのかな。
「第六天使 星の操人形」
……先生?
セラフ研究者
誤解、されちゃったンだよねぇ。
ワタシが悪いのかな~。
セラフ研究者
ワタシはあなた達を利用したりなんてしないし…。
「第三天使 黄昏の覇者」
………………先生
「第三天使 黄昏の覇者」
先生が正しいか正しくないかは
私にはわかりません。
「第三天使 黄昏の覇者」
だけど、私にとっての正しさは
先生そのものです…。
「第五天使 旋風の司令塔」
たとえあなたが否定されても、
わたしたちは此処を離れない。
「第五天使 旋風の司令塔」
先生はこのままでいてください。
「第五天使 旋風の司令塔」
わたしたちは、
あなたに感謝しているのです。
「第六天使 星の操人形」
正しさの尺度は人それぞれだよ。
干渉も悪だという人だっている。
「第六天使 星の操人形」
だけど先生は、紛れもなくわたし達の恩人で─────家族だ!
「第六天使 星の操人形」
大好きだよ!先生っ♪
セラフ研究者
…皆
セラフ研究者
ありがとうね。
ワタシの、可愛い子供たち…。

2  

投稿日時:2017-02-07 22:43
投稿者:実琴

↑このページの先頭に戻る