ひとり劇場

Name 第8話

オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています

………………。
暗闇。
その中に、少女と男。
気がついたか。警察が間に合って良かったな
少女
…!あなたは……あの時の!
少女
え…?警察って…もしかして、あなたが!
ああ、そうだ。間一髪だったな。
少女
…え?私、生きてるんですか?
まあ、生きているとも言えるし、死んでいるとも言える
少女
え?
要は、ここは生死の分かれ目だ。
生きようと思えば、生きられる
少女
………私は、生死の境をさ迷っているんですね
まあ、そういうことだ
少女
……………
で、どうする
少女
どうするって…?
「生きる」か、「死ぬ」か、だ。
こればっかりは、お前が決めるしかない
少女
…そんなの、決めろって言ったって
決めなければ、お前は永遠にここにいることになる
少女
え!
嫌だろう?早く決めた方がいいと思うが
少女
…そんな事言ったって
まあ、先に言っておくと、どちらを選んでも後悔はする
少女
そんなこと、分かっていますよ
なら、さっさと選べ
少女
………あなたは、私のようなものがこれからも生きていたら、どう思いますか?
別に、なんとも思わないが
少女
…そうでした。あなたはそういう人でしたね、忘れていました
…ただ、生きていることに、いいも悪いもないとは思う。
いいか悪いか、決めるのは自分自身だ。
それは、お前だけじゃない。
世界中、全ての人類に言えることだ
少女
迷ったら、とりあえず生きてみろ。
あいつらも、捕まったんだ。もう、お前の恐れる者は、いない
少女
………
生きることは、つらいかもしれない。
また、新たな困難が待ち受けているかもしれない。
だが、心配することはないだろう。
もうお前を受け入れている奴がいるのだからな
少女
…イト、マコト。
あと、お前の体は老いることはなく、機能も低下することはないだろうが、普通の奴らと同じように、「最期」は迎えることが出来る
少女
!本当ですか!?
ああ。まだ、研究途中だが、もう確定に近い
少女
研究…?だって、あなたは数学の…
あ。あれは嘘だ
少女
嘘!?
本当は、普通にお前のような奴を研究している
少女
…なんで、言ってくれなかったんですか?
あの場で言っていたら、お前はまずあそこから逃げ出していただろう
少女
…確かに
世の中には、私たちのような者もいる。
だから、安心して過ごすといい。
残りの時間を
少女
…ありがとうございます。
私は色々な人たちに支えられていたんですね。
そういう人たちのためにも、私は生きます。
研究に費やしてきてくださった時間を無駄にしないように!
…そうか
光が差し込む。
そろそろ時間だな
少女
あ、あの!
なんだ
少女
最後に聞かせてください!
あなたの名前はなんですか?
私の名前など、聞いてどうする
少女
今度、ご挨拶に伺いたいんです!
それは構わないが、名前だけ知って、どうやって来るつもりだ?
少女
場所は知ってますよ!
そうじゃなくて…
少女
ちゃんと、あなたの名前を知っておきたいから
……霧野 結都(ゆいと)
少女
…え?霧野……?
男、微笑み
「俺」の名前まで聞き出して、やっと気づいたか。
まあ、色々とあいつに頼まれていてな
少女
え?あ、あの!
詳細は、本人から聞け。
それじゃあ、また会う日まで。「フーカ」
光が強くなり、何も見えなくなる。
………………。

3  

投稿日時:2017-01-31 22:41
投稿者:ひおり
閲覧数:13

− ひおりさんの作品一覧 −

※投稿者名が重複する方の作品も含まれる場合があります

Name 最終話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-02-01 21:58

投稿者:ひおり

Name 第8話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています

2017-01-31 22:41

投稿者:ひおり

Name 第7話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-29 21:51

投稿者:ひおり

Name 第6話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-20 18:02

投稿者:ひおり

Name 第5話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-20 18:01

投稿者:ひおり

Name 第4話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-15 12:01

投稿者:ひおり

Name 第3話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-15 11:59

投稿者:ひおり

Name 第2話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-13 23:40

投稿者:ひおり

Name 第1話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-13 23:35

投稿者:ひおり

↑このページの先頭に戻る