Loading...

ひとり劇場

三代目はサンタイスカンダル~後日談~

三代目はサンタイスカンダルの後日談。前回、素材を略奪しすぎたイスカンダルと孔明の二人。その処理のためスキルマ要求が難しいサーヴァント達にプレゼントを配る。

サンタイスカンダル
ふむ、しかし、どうしたもんかなコレ
エルメロイⅡ世
どうすんだよ。この余り素材の山。
サンタイスカンダル
全スキルマにするためとはいえ、ちと略奪しすぎたわい。
サンタイスカンダル
よし!良いことを思いついた!聞け坊主、妙案を思いついたぞ
エルメロイⅡ世
お前のいいことは、いつもろくでもないから聞かない
サンタイスカンダル
まぁそういうなって
サンタイスカンダル
せめて最後くらいサンタらしく、スキルマの要求レベルが高くて困っている者達に、この余った素材を配ってやろうではないか
ジャンヌ・ダルク
 
ジャンヌ・ダルク
 
ジャンヌ・ダルク
 
ジャンヌ・ダルク
翌朝
ジャンヌ・ダルク
ジル
ジャンヌ・ダルク
目が飛び出ている方のジル、いませんか?
ジル・ド・レェ
これはこれは我が麗しの聖◯ジャンヌよ、このジルめをお呼びですかな?
ジャンヌ・ダルク
はい、呼びました
ジャンヌ・ダルク
本日はお日柄もよく、大変気持ちのいい朝ですね(ニッコリ
ジル・ド・レェ
ええ、とても清々しく良いお天気ですな
ジャンヌ・ダルク
でも、私の気分は最悪でしたよ
ジル・ド・レェ
ほう、貴女が気分を害されるとは珍しい。それは何故?
ジャンヌ・ダルク
朝目が覚めて見ると、私のベッドの上に大量の心臓が置かれていました。
ジャンヌ・ダルク
生々しくて非常に気持ち悪かったです
ジル・ド・レェ
それは災難でしたねジャンヌ。一体誰がそのような悪辣な真似を
ジャンヌ・ダルク
これは一体どういうつもりですかジル?
ジル・ド・レェ
え?
ジャンヌ・ダルク
貴方の仕業でしょう?
ジル・ド・レェ
い、いえ、私ではありませんぞ
ジャンヌ・ダルク
嘘はよくないですよジル。貴方以外あんな気色悪いことをする人物は他にいません。せっかく気持ちのいい目覚めが台無しでした。
ジル・ド・レェ
ご、誤解ですジャンヌ!私では…
ジャンヌ・ダルク
言い訳は結構!
その飛び出した目が二度と飛び出ないよう突いてあげます!
ジル・ド・レェ
ヒイィィィ!
ジル・ド・レェ
 
ジル・ド・レェ
 
エミヤ
ゲホッ!ゲホッ!
エミヤ
誰だ!私の部屋に大量の塵を巻いた輩は!おかげで部屋中塵まみれで掃除が大変だぞ!ゲホッ!ゲホッ!
エルメロイⅡ世
(だ、黙っておこう…)

1  

投稿日時:2017-01-31 20:21
投稿者:聖杯王イスカンダル
閲覧数:1

> 聖杯王イスカンダルさんの作品一覧をみる

↑このページの先頭に戻る