ひとり劇場

Name 第7話

オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

………………。
少女
だから、私は生きています。
久美子という名前も捨てて、何もかも忘れて、今日まで生きてきました!
一ノ瀬
……………
少女
なんで…なんで密告したんですか?
私はあなたを信じてたのに
霧野
え、密告?お前、何言ってんだ?
少女
この人がさっき言ってた密告した方ですよ
霧野
……え?
少女
今まで黙っていてすみませんでした。あなたが傷つくと思って…
霧野
……いっちー。お前、嘘だろ…?
一ノ瀬
あれは…しょうがなかったんだ
少女
何がしょうがなかったですか!
上手くいったの間違いでしょう?
一ノ瀬
僕は、そんなつもりは無かったんだよ!
ただ、あそこまで来たら、もうやるしか…
少女
そんなの言い訳です!
あなたは…研究者たちと仲間になって、私を…私たちを地獄の底へ突き落とした。
それは、紛れもない事実です
一ノ瀬
……………
少女
…結局、私たちはモノなんですよ。
みんな、私たちを「儲かるモノ」としか思っていなかった。
あなたも、その一員だったんです
一ノ瀬
ち、違う!僕は…
少女
違わないでしょう!?お金のために私に近づいたくせに!
一ノ瀬
………………
少女
で?お金は手に入りましたか?
一ノ瀬
…いや、僕にお金が渡されることはなかった
少女
は?
一ノ瀬
利用されたんだよ。研究者たちに…
少女
…どういうことですか?
次の瞬間、いきなり銃声が聞こえる。
一瞬の沈黙のあと、少女が倒れる。
一ノ瀬
…え?
霧野
…おい、フーカ?…フーカ!
少女
うっ………
悶え苦しむ少女。
そこへ、拍手をしながら研究者たちがくる。
研究者
ブラボー!良くやったよ、君たち。
これで、完全に不老者は消え失せた
霧野
は?誰だ、おっさん
一ノ瀬
!あなたはっ…
研究者
久しぶりだね。一ノ瀬くん。
お友達が出来たようで何よりだよ
一ノ瀬
っ……
研究者2
あの時は助かったよ。良くぞ私たちの役に立ってくれた
一ノ瀬
…あなたたちは、僕を利用したんだ
研究者3
利用?何のことだい?
一ノ瀬
1人だった僕に近づいて、手伝えばお金が手に入るって言って…結局、お金は渡さなかった
研究者
そうだったかな?すっかり忘れていたよ。
そんなに欲しいなら、まだあるぞ
一ノ瀬
いらない
研究者2
だいたい、私たちは君を利用したつもりなんてない。
寂しそうにしていたから、手伝わせてあげたんだ
一ノ瀬
僕は、そんなこと望んでなかった!
研究者3
今、何を言おうと、あの時「やる」と言ったのは、君だ。
もし後悔してるのなら、金の誘惑に負けたあの時の自分自身を恨むことだね
一ノ瀬
っ……!!
少女
……な、んで。なんで私たちばっかり、こんな目にっ……!
私たちだって、人間、なのに
少女
私たちだって…幸せになりたいのに…!!
研究者
おや、まだ生きていたのか
研究者、少女に銃を突きつける。
霧野
フーカ!
霧野、研究者を少女の近くから離す。
霧野
やめろ。それ以上、近づくな
研究者
随分と強気なお友達だな
霧野
お前らは、なんでそんなふうに人を平気で殺せるんだ
研究者2
不老者だから、だよ。
昔から不老者絡みの事件はよく起こりすぎていたから、いつしか不老者に人権はなくなっていたんだ。
だから彼らを殺しても裁かれることはない
霧野
…そんなの、おかしいだろ!
フーカだって、同じ人間なんだ!
研究者3
本来の人間は、そんな化物みたいな力を持っていないだろう
研究者
そうだ。人間とは、私たちのような「普通に生きて、死ぬ者たち」のことを言うんだ
霧野
…普通?俺は、お前らが普通だとは思わねーよ。
そんなふうに、人を殺して得た金で生きてる奴なんて、絶対、普通じゃねえ!
研究者
…………言ってくれるじゃないか
研究者、霧野に銃口を向ける。
研究者
君も死ぬ覚悟があるのかね
霧野
殺したければ、殺せばいい。
だけど、俺がいなくなっても何も変わらない。
お前らが殺人者になるだけだ
少女
イト…!もう、もうやめて…!!
死んじゃ、だめっ……!
霧野、聞き入れない。
少女
っ…!マコト、お願い、します!イトを、止めて!
一ノ瀬
僕は……殺した…人を、殺した……
一ノ瀬、呪文のように唱え続けている。
少女
…誰か…お願い…!
少女
助けて…!!
少女
たすけて!!
その時、パトカーの音がなる。
一ノ瀬、我に返る。
霧野
えっ…?警察?
研究者
まずい!逃げるぞ!
研究者たち、逃げる。
霧野
…助かった
少女
……良かった。本当に、良かっ、た……
少女、意識を失う。
霧野
おい!フーカ!!
一ノ瀬
久美子!!
………………。

1  

投稿日時:2017-01-29 21:51
投稿者:ひおり
閲覧数:9

− ひおりさんの作品一覧 −

※投稿者名が重複する方の作品も含まれる場合があります

Name 最終話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-02-01 21:58

投稿者:ひおり

Name 第8話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています

2017-01-31 22:41

投稿者:ひおり

Name 第7話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-29 21:51

投稿者:ひおり

Name 第6話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-20 18:02

投稿者:ひおり

Name 第5話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-20 18:01

投稿者:ひおり

Name 第4話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-15 12:01

投稿者:ひおり

Name 第3話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-15 11:59

投稿者:ひおり

Name 第2話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-13 23:40

投稿者:ひおり

Name 第1話
オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

2017-01-13 23:35

投稿者:ひおり

↑このページの先頭に戻る