ひとり劇場

瞳の昔話

私のオリキャラ、夢中瞳の昔話です(*^^*)

舞夢
これは、グロテスク表現、またオリジナル要素や東方Project二次創作があります。ご了承ください
500年前、とある1組の 犬のカップルから 1匹産まれた。 とても真っ白な柴犬だった。 子犬は犬のカップルの飼い主から 「ひとみ」 と、呼ばれていました。 両親はもちろん、飼い主も ひとみを可愛がり、育てました ひとみはとても幸せでした。 が、そんな幸せが続きませんでした ひとみの美しさ、可愛さに 欲しがる人間が現れたのです。 飼い主は犬の家族を守りました。 が、飼い主は殺されてしまいました。 そして、両親も殺されてしまい、 ひとみはあまりの 悲しさに泣いてしまいました それと同時に怒りも湧きました。 そして、殺した人間は ひとみを触ろうとした 次の瞬間、噛みつきました。 さらに噛み付いた部分を ちぎりました。 ひとみはちぎった部分を食べました
モブ
ひぃー!
人間は逃げようとしました。 が、足が速いひとみには追いつかれ、 そして、人間1人を食べていきました 完食した頃には正気に戻っていました
「…なに…このほね… なんで…わたしのからだ、赤いの?」
ひとみはハッと、 両親と飼い主の所へ行きました どちらも亡くなっていました
「まま…ぱぱ…おにいさん… うぅ…ワオーーーーーン!」
ひとみは遠吠えを 何度も何度もしました。 そして、吠えているうちに 尻尾が8本生え、 ひとみは九尾に 近い妖怪になってしまいました。翌日、ひとみは穴を掘り、 両親と飼い主を何とかして埋めました
「まま…ぱぱ…おにいさん… 助けてくれてありがとう。 妖怪になってしまったけど、 ながいきしてみせるよ」
次回、瞳と幻想郷。
スメ
お楽しみにー!

2  

投稿日時:2017-01-23 16:56
投稿者:前麗舞夢
閲覧数:10

↑このページの先頭に戻る