ひとり劇場

Name 第3話

オリジナルストーリー。もともと演劇の台本用に作ったものなので、地の文はト書きとなっています。

学校からの帰り道。
霧野
ってことがあったわけよ。
意味わかんねー奴だろ?
一ノ瀬
不思議な人もいるもんだね
霧野
ったく…誰が名前つけろっていわれてつけるかっつーの!
一ノ瀬
でも、それって、そういう風に嘘ついて、名前で呼んでほしいってことじゃない?やっぱり
霧野
いや嘘ついてるようには見えなかったけどな…。
でもそれが本当だったら、随分まわりくどいやり方で来るんだな
一ノ瀬
まあ、分からないけどさ。何も考えないで、つけちゃえば?
霧野
いや、俺そういうの無理!いっちー、頼んだ
一ノ瀬
僕も無理だよ
霧野
何でだよー。お前、化学できるじゃん!
一ノ瀬
関係ないよね!?
霧野
頼むよー。俺、ほんとに無理だから!
一ノ瀬
いやいや、やめといたほうがいいと思うよ。
僕、自分の家の犬に、最初「リチウム」ってつけたから
霧野
…へ?りちうむ?
一ノ瀬
うん、リチウム電池のリチウム
霧野
………お前マジか
一ノ瀬
だから、やめた方がいいよ。
多分、彼女を怒らせちゃうよ
霧野
多分どころか、絶対キレて警察呼ぶ
一ノ瀬
警察!?
霧野
ああ、あいつは怒らせたらダメな奴だ
一ノ瀬
そ、そうなんだ……
霧野
分かった、自分で考えてみるわ
一ノ瀬
うん、それがいいよ。
あ、僕、今日こっちだから
霧野
ああ、塾か。いつも大変だよな。 がんばれ
一ノ瀬
ありがとう!じゃあねー
霧野
おう!じゃあなー
一ノ瀬、去る。
霧野
名前……か。どうすっかなー。
霧野、その場を行ったり来たり。
霧野
やっぱり、王道で花子か?いや、王道すぎて適当につけたと思われそうだな。
じゃあ、なんだ?そもそも女子ってどういう名前があるんだっけ?
あー分かんねええ!
霧野、止まる。
霧野
特徴から行こう。あいつはいつもパーカーのフードをかぶっている。
フード……パーカー……フー………あ!
よっしゃああ、思いついたぞ!
少女、現れる。
少女
何が思いついたんですか?
霧野
うわあ!いつの間に!
少女
本当に、よく驚きますね
霧野
お前が神出鬼没なのが悪い
少女
で、思いついたとは?
霧野
名前だよ、名前!お前の!
少女
…へえ、早いですね。変な名前だったら承知しませんよ
霧野
こっわ…。じゃあ、言うぞ。
「フーカ」。今日からお前の名前は、「フーカ」だ
少女
フー…カ?
霧野
残念ながら姉も妹も彼女もいない俺は、女子の名前って言ったら「花子」ぐらいしか思いつかなくてな!
で、お前の特徴から考えてったわけだ
少女
私の特徴…ですか?
霧野
そう。いつもパーカーのフードをかぶってるから、フードの「フー」とパーカーの「カ」を取って「フーカ」。
どうだ!これでいいだろ
少女
……ご苦労さまでした。わざわざそんなことに時間を費やしてもらって。
まさか本当に考えてくるとは思っていませんでした
霧野
まさか、冗談?
少女
まあ、はい
霧野
はあああ!?
少女
でも、おかげで私にも名前ができました。
「立花 フーカ」。今日からこれが私の名前です
少女、微笑みながら
少女
ありがとう、イト
霧野
……別に。どーってことねーよ。
それにさ、なんか新鮮だったわ。名前決めるとか。
なんつーか、父親ってこんな気分なのかって
少女
わーすごい、まさかあなたからそんな言葉が聞けるとはおもってもいませんでした
霧野
前言撤回!
少女
じゃあ、暗くなってきたのでそろそろ帰ります
霧野
そういえば、フーカって家どこなんだ?
少女
家?ありませんよ。まあ俗に言うほーむれすってやつですね
霧野
え!?大丈夫なのか?
少女
はい。一応、生きてるんで
霧野
…俺ん家来るか?親に頼めば部屋1個くらい貸してくれると思う
少女
…いいえ、大丈夫です。迷惑だと思うので
霧野
いや、迷惑とは思わねーよ
少女
あと、あなたが心配なので
霧野
俺は何もしねーよ!
少女
そうじゃなくて、いろんな意味で
霧野
いろんな意味…?やっぱ、そうじゃねーか!だから、しないって!
少女
…バカなんですか?
もういいです
霧野
はあ!?
少女
それと、私はあまり人と関わらないようにしているので
霧野
俺はどうなんだよ。
バリバリ関わっちゃってるけど
少女
それは、あなたが単純でバカで純粋だからです
霧野
どういう意味だ、コラァ!
少女
多分、あなたみたいな方はこれからもう10年くらいは現れないと思います。私の目の前に
霧野
…は?何言ってんだよ
少女
あなたは分からなくていいんです。
その方が、あなたも私も幸せでいられる
霧野
…どういうことだ?
少女
知りたければ、考えてください。
私がどうして、フードをかぶっているのか。
どうして、名前が分からないのか
霧野
……は?
少女
では、また明日
少女、去る。
霧野
……何なんだ、あいつ。
ますますわかんなくなってきたんだけど
霧野、去りながら
霧野
フードをかぶる意味…か
………………。
………………。
過去。フードなしの少女。と一ノ瀬。
少女
……何でいるんですか
一ノ瀬
だから、帰り道なんだって
少女
だったらそのまま帰ればいいでしょう
一ノ瀬
君とどうしても話がしたくて
少女
私と話しても何もいいことはないと思いますが
一ノ瀬
いや、でも、どうしても気になるんだよ!
だって、君は今日もここにいるよ?
さすがに何で?って思うよ
少女
……しつこい方ですね。
私は、答える気は無いと言ったでしょう
一ノ瀬
……そっか
しばらくの間。
少女
というか、あなたこそ何でこんなに帰りが早いんですか?
まだ4時ですよ
一ノ瀬
あ、僕部活入ってないから
少女
何でですか?
一ノ瀬
だって…別に入らなくても生きていけるし。
入る必要がないと思ったんだよ
少女
ふーん。てっきり、友達がいないからとかだと思っていました
一ノ瀬
少女
……まさか、図星ですか?
意外ですね
一ノ瀬
……そうかな。
まあ、僕みたいな化学オタクになんて、誰も話しかけないんだよ
少女
…寂しくないんですか?
一ノ瀬