ひとり劇場

ゴッホ、ゴッホ、何処にいる

最終稿です

ゴッホ
君のために、椅子を買った
ゴッホ
<画像>
ゴーギャン
まじか、ありがとうございます。
ゴッホ
いつ来れる?
ゴーギャン
もうすぐ行くよ!待たせてごめん!
ゴッホ
ひまわりの絵をたくさん描いてるんだよ。ゴーギャンの寝室に飾るために。
ゴーギャン
うわー。なんか色々ありがとうございます。
ゴッホ
待っています。
ゴッホ
明日とか?
ゴーギャン
明日?明日はごめん、無理だ。でも今週中には着くから。
ゴッホ
そうか!楽しみに待っています。
ゴーギャン
うん!お待たせしてます!
ゴーギャン
じゃあまた、着いたらラインするね。
ゴッホ
はい。じゃあちょっと続きを描いてきます。
ゴーギャン
はーい、じゃまた、よろしく!
ゴッホ
待っていますからね。おやすみ。
ゴッホ
ゴーギャン。
ゴッホ
ゴーギャン
ゴッホ
ゴーギャン、ゴーギャン
ゴッホ
ゴーギャン、どこだ。どこに居る?
ゴッホ
ゴーギャン、もう今週が終わるよ。
ゴッホ
ゴーギャン
ゴーギャン
大丈夫、大丈夫だから!
ゴッホ
ゴーギャン!
ゴーギャン
船に乗ったよ。連絡しないでごめん。
ゴーギャン
船に乗って、今は夜だ。甲板から海を見たんだけど青でも紺でもなくて真っ黒だったんだよ。海の全ての色が一遍に出たような色だった。アルルで君と過ごす昼の色はどれにしようかと思いながら眠ろうとしていたんだよ。
ゴッホ
ゴーギャン!ごめんなさい!
ゴーギャン
いいんだ、連絡しなかった僕が悪いから、今日のところは寝よう。
ゴッホ
ゴーギャン
ゴッホ
ゴーギャン
ゴッホ
ゴーギャン、ゴーギャン
ゴーギャン
なに?
ゴッホ
ゴーギャン、おやすみ。また明日。アルルの昼の色は僕は、ひまわりと混ざらないように気をつけて選んでるから、その色を教えてあげるから。また明日。ゴーギャン。
ゴーギャン
わかったよ。またね。おやすみ。
ゴッホ
はい。寝ます。
ゴッホ
ゴーギャン、眠れないんだ。眠れないまま朝が来てしまったのに君がいないんだ。ゴーギャン
ゴッホ
君がいないと僕は不幸だ。たくさんひまわりの絵を描くからゴーギャン、早くアルルに来てくれ、ゴーギャン。
ゴーギャン
ゴッホ、船が島に着いた。君も知っての通り、今太陽が1番高い。暗い海に押し込められていた色のひとつひとつが陽光にさらされて目に痛いくらいだ。ブルターニュにもなかった色が平気であちこちに散らばっているんだ、信じられない。その中から1番の黄色を頼りに君の家を探している。もう少しだけ待っていておくれ。答えあわせをしよう。まだ見ぬ、僕の好きなきみの家の黄色ときみが好きな僕のひまわりの色を見くらべよう。
ゴーギャン
もうすぐだ、もうすぐ着くよゴッホ。あれが僕らの黄色じゃなきゃ嘘だ。ひまわりを描いてくれたまえ。

3  

投稿日時:2017-01-12 02:00
投稿者:食物繊維とり夫
閲覧数:6

− 食物繊維とり夫さんの作品一覧 −

※投稿者名が重複する方の作品も含まれる場合があります

ゴッホ、ゴッホ、何処にいる
最終稿です

2017-01-12 02:00

投稿者:食物繊維とり夫