ひとり劇場

ブラック! 父の死

ノンフィクション

ただの犬
ブラック! 父の死
ただの犬
私にも父親がいてましてな
我が家のまゆちゃん
そりゃあ誰にもいるでしょ
ただの犬
まだ自分が小学生の時に亡くなりましてん
我が家のまゆちゃん
そりゃあ・・・難儀なことでしたな
ただの犬
その最期の姿を見たのが私でした
我が家のまゆちゃん
ふむふむ
ただの犬
夜中に寝てたら、犬ぅ〜犬ぅ〜と呼ばれまして
我が家のまゆちゃん
具合が悪かったんですかね
ただの犬
いや、結構としいってたんで体が弱ってたんですわ
我が家のまゆちゃん
そないでっか
ただの犬
で、健康のために町内をグルグル歩きまわってたんです
我が家のまゆちゃん
ふむ
ただの犬
それがしんどくなって、庭をグルグルまわるようになって
我が家のまゆちゃん
ほお
ただの犬
それもできんくなって、家の中をグルグルまわってました
我が家のまゆちゃん
だんだん規模が小さくなるね
ただの犬
もうその頃には立ち上がれんくなってましたね
我が家のまゆちゃん
犬ぅ〜て呼ばれた頃ね
ただの犬
そう、その呼ばれた夜
我が家のまゆちゃん
その話やがな
ただの犬
子供だったから眠くて眠くて、イヤイヤ父の所に行きましてん
我が家のまゆちゃん
まあ子供だからね
ただの犬
そしたら尋常じゃない様子で父が、犬ぅ〜起こしてくれ〜!言いよるんですわ
我が家のまゆちゃん
どうしたかと思うよね
ただの犬
必死に布団から起き上がろうとしてるんで、私も手伝って起こそうとしたんですよ
我が家のまゆちゃん
ふむふむ
ただの犬
でも体が大きいし、こっちも子供で力ないしで、うまくいかない
我が家のまゆちゃん
そりゃあ難しいわな
ただの犬
上半身が起き上がりきる寸前に、私が手を離してしまいまして
我が家のまゆちゃん
おお
ただの犬
そしたら父親が倒れて、後ろにあった机に後頭部ガーンとぶつけましてね
我が家のまゆちゃん
ひぇー
ただの犬
かなり鈍い音がしました
我が家のまゆちゃん
それは痛いわ
ただの犬
それからも四苦八苦して起き上がろうとしてました
我が家のまゆちゃん
お父さんもそれこそ必死だったんやね
ただの犬
そうそう。でも自分は子供だったんで、もう眠くて仕方なかったんですわ
我が家のまゆちゃん