ひとり劇場

駄作をポイー

書いててこれもうわかんねぇな。となったナーサリーとジャンヌオルタのお話。付き合わせたいゾ

ナーサリーライム
ねえ、悪役さん
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
誰が悪役よ!?…で、何?
ナーサリーライム
サーヴァントがサーヴァントに恋をするなんて、おかしいと思うかしら?
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
んー、そうねぇ。別に良いんじゃない?そんなやつそこら辺にいそうだし
ブリュンヒルデ
呼びましたか…?
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
げ…!あんたは違う!!あんたは恋でも何でもないわ!!
ブリュンヒルデ
シグルド…シグルド…ハァハァ
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
ええい、どっか飛んでいきなさい!(ボコー
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
まあ、別に私は問題と思うけど。
ナーサリーライム
そ、そうよね!安心したわ…
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
で、あんたが恋したの?
ナーサリーライム
えっ!?え、えーっと…
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
…?
ナーサリーライム
え、ええ…そうよ…
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
ナーサリーも乙女ね。
ナーサリーライム
悪役さんも乙女と思うわよ?
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
悪役じゃなくジャンヌ・ダルクオルタよ…オルタでも良いから名前で呼んで頂戴
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
私が乙女…ねぇ。そんなわけないわ。
ナーサリーライム
そうかしら?たまに可愛いところもあるじゃない!
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
そんなものないわよ。
ナーサリーライム
気づいてないだけよ、ふふ。
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
ちなみに、誰に恋したのよ。
ナーサリーライム
言えないわ!そんなの…。
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
えー、いいじゃないの。私とあなたの仲なわけだし
ナーサリーライム
…あなたよ?
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
え?何が?
ナーサリーライム
あなたに恋したのよ!もう!
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
…ちょ、ちょっとまって頭の中の整理ができてな
ナーサリーライム
だから…!一緒にずーっといてほしいわ!!
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
エリザベート
(何よ、この恋愛ドラマのようなストーリー!?思わず見入っちゃったわ…)
ナーサリーライム
ねえ、あなたはどう思うの?ランサーさん。
エリザベート
えっ!?あ…バレてた?
ナーサリーライム
角が見えてたわ。
エリザベート
そ、そうだったのね…
ナーサリーライム
それで、あなたはどう思うかしら?
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
ちょっと待ってちょうだい、他のサーヴァントに聞いても意味は無いと思うのだけど?
エリザベート
そ、そうよ!?だってあなたはこの偽物のジャンヌが好きなんでしょう?こいつは嫌いだけど、あなたの思いを私に聞かれても困るわ!
ジャンヌ・ダルク[オルタ]
(私のこと、嫌いだったのね…まあ仕方ないわね)
ジャンヌ・ダルク[オルタ]