ひとり劇場

スレイヤーズ×グランブルーファンタジー コラボ エピソード0

リナとガウリイがファータ•グランデ空域に来る前の会話。いろいろ設定捏造してます。

ナレーター
とある山奥…盗賊のアジトと噂される場所にやってきたリナとガウリイだったが…
リナ
なんで!盗賊がいないのよーー!
ガウリイ
お前さんが見境なく盗賊団を壊滅させるから、この世界から盗賊が消えちまったんじゃねえか…?
リナ
まさか!!
…って…ありえるわね…最近スカばっかりだし…。
あーーーもう!!このストレスはどこにぶつけたらいいのよ!!
ガウリイ
やれやれ…。
ナレーター
呆れ顔のガウリイだったが…ふと空の彼方を飛ぶ不思議な影に目が止まる。
ガウリイ
お!なんだあれ!?なんかでっかい鳥が飛んでるぞ!
リナ
ん…?どこどこ?あー!
あんたよくあんな豆粒みたいの見つけたわね。あれは鳥じゃないわ。騎空艇ね。
ガウリイ
きくうてい?ってなんだ?
リナ
空を飛ぶ、でっかい船のことよ。
ガウリイ
でええええ!船が空を飛ぶのか!?
リナ
…確かにここ、スィーフィード空域じゃあ実物は珍しいけど…話くらい聞いたことないの…?
ガウリイ
うーん…。聞いたことあるような気もするけど…覚えてないからないのとおんなじだな!
リナ
開き直るな!いいわ、教えてあげる。あたしたちが今いるこの場所は、世界のすべてってわけじゃないわ。瘴流域(しょうりゅういき)っていう、瘴気の満ちる空間で隔てたれたその向こうには別の世界が広がっている…それぞれの世界のことを「空域」って呼ぶの。
ガウリイ
へー、そうだったのかー。
リナ
ほんとにわかってんのかしら…。
瘴流域は大昔の覇空戦争のときにに星の民によって生み出されたらしいわ。こっちの空域では瘴流域の向こうは滅びたってのが通説で、実質上そこが世界の果てだと思われていた。でも、30年くらい前に、瘴流域を越えて、騎空艇がやってきたの。
ガウリイ
それはびっくりだな。
リナ
ええ、当時は大騒ぎになったらしいわ。ファータ•グランデって空域から来たとかで…そっから便宜上、あたしたちのいるここはスィーフィード空域ってことになった。
ガウリイ
ふむふむ。
リナ
ファータ•グランデ空域やその隣のナル•グランデ空域は、たくさんの空に浮かぶ島から成り立ってるらしいの。だから、移動手段としての騎空艇が欠かせないって話。スィーフィード空域の大地は一つの大陸だから…それももうびっくりよね。
ガウリイ
空に島が…浮かんでる!?
リナ
ええ。スィーフィード空域の大地は陸続きだからら…驚きよね。実はこの大地も海を越えて、瘴流域も越えて行くと、果ては空に浮いてるらしいわよ。
ガウリイ
へええええ!知らなかった…。
リナ
今日び5歳の子供でも知ってるののに…。 
ま、まあともかく、ファータ•グランデからの使者にこっちの空域は大騒ぎになった。
ガウリイ
便利そうだよな。騎空艇。こっちの空域でも作ればいいのに。
リナ
ところが、残念。材料とか燃料とか、こっちの空域では取れないもので作られてるみたいなの。
ガウリイ
うまく行かないもんだな。
リナ
騎空艇ごと買い入れようにも、そもそも瘴流域を越えられるのは「七曜の騎士」と呼ばれる特別な力を持った存在だけ。何隻もこっちに運ぶのは無理みたいなのよ。
ガウリイ
そんな奴らがいるのか。
リナ
ええ。あらゆる常識が通用しないと言われるほどの力を持った存在らしいわ。もちろん、ファータ•グランデからこちらにやってきた使者も彼らの中の一人よ。
ガウリイ
ほー。
リナ
んで、大騒ぎになったスィーフィード空域。騎空艇なんてどっか1つの国が持とうもんなら、世界の軍事的なパワーバランスが崩れかねないわ。
そこで、その時に各国と七曜の騎士との間に、騎空艇はスィーフィード空域には譲渡しない、って協定が結ばれたの。
ガウリイ
それでこっちの空域には騎空邸はないのか。
リナ
そういうこと。陸続きで生活の必需品ってわけじゃないしね。同時に、ファータ•グランデとスィーフィード空域との間に政治的、軍事的不干渉の協定も結ばれた。向こうの空域としても、こっちの空域で独自に発達している魔法の力が、軍事利用されたらパワーバランスが崩れるって考えたみたい。
ガウリイ
魔法はこっちの空域だけなのか?
リナ
いいえ、向うにも魔法はあるけど、こっちとは色々と法則か違うみたいなのよ。
ガウリイ
そういうもんなのか。
リナ
そういうもんなの。で、政治的、軍事的不干渉とはいえ、文化的な交流はしたい…ってことで、お互いの世界の文化や歴史、伝承なんかはやり取りが行われて…今も時々騎空艇がああやって友好を深めにやってきてるってわけ。
ガウリイ
なるほど。よくわかった。
リナ
ほんとかしらね…。
まあ、それはともかく…うふふふ…ガウリイ…あたし、いいこと思いついちゃった!
ガウリイ
なんだ…嫌な予感…
リナ
さっき言ってた通り、こっちの空域からは盗賊、いなくなっちゃったかもしれないけど…別の空域になら生きのいい盗賊がゴロゴロしてるんじゃないかなーって ♥
ガウリイ
なるほど…って!おい!まさか!?
リナ
そう!目指すは新空域!!あの騎空艇に乗っていけばたどり着けるんじゃない?
ガウリイ
やっぱり…。でも簡単に乗せてもらえるもんなのか?
リナ
そりゃ無理でしょ。民間人の渡航は認められてないもん。
ガウリイ
ってなると…
リナ
決まってるじゃない。密航よ!密航!
ガウリイ
おお!なるほど!って!!おい!!そりゃマズイぞ!バレたらどんな目にあわされるか…。
リナ
ならバレなきゃいいんだって。瘴流域さえなんとか抜けちゃえば、あとは魔法で空を飛んで脱出!こりゃ久しぶりにスリルが味わえそうね。
ガウリイ
おいおい…こりゃ止めても無理そうだな…。
リナ
そういうことー!じゃあ、ガウリイ、さっそくさっきの騎空艇を追っかけるわよ!
ガウリイ
やれやれ…しゃーない…付き合うか…。
ナレーター
こうして、新たな空域を目指すことにしたリナとガウリイ。ひと騒動ふた騒動の後、ファータ•グランデ空域にたどり着くのだが…それはまた別の話。

11  

投稿日時:2017-01-06 09:47
投稿者:はまりや
閲覧数:5

↑このページの先頭に戻る