ひとり劇場

スターウォーズ 帝国の日常1

同人作品です。リアルのスターウォーズとは関係ありませんが、関係あります。 キャラ崩壊注意

遠い昔。遥か彼方の銀河系で……。
エピソード1
反乱同盟軍によるデススター破壊を防いだ帝国軍は宇宙支配まで後1歩のところまで迫っていた。その事もあってか、心に余裕が出来たダースベイダーはデススター内で茶会を開くことにした。
ストームトルーパーA
ベイダー卿。クレニック長官が到着しました。
ダースベイダー
シュコー。通せ。シュコー。
ストームトルーパーA
はっ!
オーソン・クレニック
失礼する。
ダースベイダー
シュコー。オーソン。久しぶりだな。
オーソン・クレニック
そうですか?二ヶ月ぶり、と言ったとこでしょう。
ダースベイダー
そうか……シュコー。まぁ、取り敢えず座れ。
オーソン・クレニック
どうも。
ダースベイダー
シュコー。シュコー。スカリフはどうだ?
オーソン・クレニック
ローグワンの連中に酷くやられましたが……まぁ何とか、ってとこですな。復興もだいぶ進んでますし、デススターの設計図も移し終わりました。
ダースベイダー
シュコー。そうか。ならいい。シュコー。シュコー。
オーソン・クレニック
貴方の方はどうなんです?なにやら、ご子息が反乱同盟軍の英雄、ルークスカイウォーカーだという噂が出回っておりますが。
ダースベイダー
そんなことは無い……。シュコー。唯の噂に過ぎん……シュコー。
オーソン・クレニック
そうですか。ならいいんですが。
ストームトルーパーA