ひとり劇場

透過PNGでスタンプ風画像作りましょ

簡単に説明。間違ってたらゴメンネ。詳しくはググってくれ。

自動対話ちゃん
皆さまこんにちは。
自動対話ちゃんです。
自動対話ちゃん
誤解されるとマズイので先に説明しておくと、これ別に公式キャラクターでもなんでもありません。
自動対話ちゃん
どうせ対話するなら可愛い女の子がいい、という理由で勝手に擬人化したアイコンを作ったというだけです。
自動対話ちゃん
美少女アンドロイドはロマンです
自動対話ちゃん
さて、本題に入る前に注意点がございます。
自動対話ちゃん
この機能は、劇場に投稿するだけならあまり必要ありません。
自動対話ちゃん
<entryImage>dd2fc2e5-79a6-4cda-b9f8-bf46de7920bc
自動対話ちゃん
このように、劇場では投稿した作品の[画像]が表示されないので
自動対話ちゃん
スタンプ風画像が見えなくなってしまうためです。
自動対話ちゃん
画像が投稿できるようになると、色々悪用する人が出てきてしまいますからしょうがないですね。
自動対話ちゃん
アイコンでも透過PNGを使うことができますが、現在表示している通り、あまり意味がありません。
自動対話ちゃん
黒い部分が[透過]されている部分です。アプリ上では透過していても、劇場に投稿すると黒く表示されてしまうのです。
自動対話ちゃん
そこだけ注意してから読み進めて下さい。劇場目的に作ってしまうと、投稿したあとガッカリしちゃいますよー。
自動対話ちゃん
自動対話ちゃん
さて、漸く本題です。
自動対話ちゃん
少し前の更新によって、透過PNGの画像を使ってスタンプ風の画像が投稿できるようになりました。
自動対話ちゃん
そもそも透過PNGとは何か?
自動対話ちゃん
PNGとは、ファイル形式の一つです
自動対話ちゃん
デジタルツールでイラストを描く人なら、保存する時にファイル形式を選んだことがある人が多いでしょう。
自動対話ちゃん
JPEGとかそういうアレです
自動対話ちゃん
透過PNGとは、PNG形式で保存する際、PNGの仕様に基づき透明色として設定したPNGのことです
自動対話ちゃん
文字で説明するとなんのこっちゃですね
自動対話ちゃん
要するに、PNG形式で保存する際、色を塗っていない部分を[透明色]として保存すると、このアイコンのように着色した部分だけくりぬいて保存できるのです。
自動対話ちゃん
アイビスペイントだと、レイヤー欄の一番下に[背景]を透明色に変えられるボタンがあるので、そこで背景を変更後、背景が透明色の状態で画面を閉じ、PNG形式で保存すればOKです
自動対話ちゃん
SAIの場合はPNG形式で保存する際、(不透明度あり)と書いてある方にチェックを付けて保存します
自動対話ちゃん
SAIの方はググった方が分かりやすいかもしれません
自動対話ちゃん
メディバンペイントだとメニューの[表示]→[透明背景]にチェックを入れると、どこまで透過しているか確認できます。そのまま透過PNGで保存すればOKです。
自動対話ちゃん
Photoshopは分かりません。自力でググってね!
自動対話ちゃん
透明色を表示すると、描画していない部分には薄い模様が浮かびます。これを基準に塗るべき所を着色していきます。
自動対話ちゃん
白色の部分は塗り忘れて透過してしまいがちなので、しっかり塗り残しのないよう確認して下さいね
自動対話ちゃん
そして!
この機能を活用すれば、LINEっぽい画面にスタンプっぽい画像を作って投稿することができます!
自動対話ちゃん
オリキャラのスタンプや、二次創作のあったらいいなスタンプ、ちょっと腐臭のするスタンプなど、あなたの思うまま!
自動対話ちゃん
画像をスクショして他のSNSへ投稿したり、自分で楽しむ時に活用できると、遊べる幅が広がりますね!
自動対話ちゃん
お絵かきが趣味の方は是非挑戦してみてください!
自動対話ちゃん
最後に、なぜこのようなものを投稿したのかお伝えしておきます。
自動対話ちゃん
ぶっちゃけ活用している人をあまり見かけないからです。しかし私としては、是非利用し何かを制作し、SNSなどで発表してほしいのです。
自動対話ちゃん
なんていうか、こう、神とかに。
自動対話ちゃん
私の好きな絵施様や、創作描き様、神々にどうか使ってほしい。供給欲しい。届け、この思い。この豆知識。
そういう思いで作りました。
自動対話ちゃん
拙い文章ですみません。そして、ここまで読んで下さってありがとうございました。
自動対話ちゃん
追記。この会話を作成したのは随分前なので、現在までにそれぞれのイラストソフトで機能の変更などが行われている可能性があります。その時はしょうがないので、自力ググって下さい☆

12  

投稿日時:2016-12-13 22:42
投稿者:カンカンクッキー
閲覧数:3698

↑このページの先頭に戻る