ひとり劇場

【創作】路地裏ディストピア

創作キャラでお試しに。

路地裏ディストピア
Kay
「Rotten town…」
男は悪態をついた。
Kay
(…戻るか)
狭く暗い裏路地から
引き返そうと振り返る。
Kay
「…!」
Annie
「……」
Kay
(誰だ、一体いつからーー)
Kay
(猫…?いや、あれは…)
Kay
「そいつ死んでるのか」
少女はゆったりとその猫を
抱き抱えて言った。
Annie
「いいえ。死んでいませんよ」
少女は路地裏の奥へと歩き出す
Kay
「おい、どこへ行くんだ?」
Annie
「博士に見てもらえればきっと」
Kay
「1人でこの路地裏の奥に行くのは
危険だ私もついて行こう」
ーー研究室ーー
Annie
「博士、直りますか?」
伯爵
「ええ任せてください。
数分待って頂けますか?」
Kay
(なんで治すのにスパナやノコギリ
なんか持ってくるんだ…?)
Kay
「おい、あの男医者じゃないのか?
あれじゃあまるで…」
Annie
「博士ですよ。博士は
なんでも直せます人でも機械でも」
伯爵
「ところでアニー。その方は?」
Annie
「知らない人です。路地裏の
入り口辺りで会いました」
Kay
「ちょっと近くに用があってな。
暗い路地裏の奥に少女1人では
危ないだろうと付いて来ただけだ
名乗るほどの者ではない」
伯爵
「ほぅこんなところに用ですか。
物好きな方なんですねぇ?」
Kay
「もう済んだから自国に帰るところ
だったんだ、では私はこれで…」
博士と呼ばれた男は道を
塞ぐように立って大きな声で言った
伯爵
「あぁ先程国境で規制が掛かり
ましてね、今は門が閉まっていて
帰れないと思いますよ?
よければここに泊まっていっては
どうですか?」
Kay
「いや結構だ。その猫みたいに
実験体にされたくはないのでね」
伯爵
「……(にっこり)」
Kay
「……(睨み)」
Annie
「では近くの宿まで案内します。
ここの地理には詳しいので」
Kay
「いやそれでは君が危ない。
ここまで送った意味がないだろう」
伯爵
「ふっ…フハハハハハハハ!
アニーが危ないですって?
面白い事を言いますねあなた、
あなたなんかよりも強いですよ」
Annie
「博士、笑いすぎですよ。私は
大丈夫ですから着いて来て下さい」
ーー路地裏ーー
Annie
「ここからは真っ直ぐです。
看板がありますからすぐに
わかると思います」
Kay
「ありがとう。では君も
気をつけて帰るんだぞ。
さっきの男が何のことを
言っていたか分からないが
君は女の子なんだからな」
Annie
「…はい。多分大丈夫だと思います」
男は少女に背を向けて
言われた方角に向かおうとした。
(銃声が響く)
Kay
「…っ!?」
向かおうとした方角から
男の真横を銃声と共に何かが
通り過ぎた。後ろには少女が…
金髪の女
「見つけたわよアニー。
やつの居場所知っているんでしょ」
Annie
「っ…知りません」
金髪の女
「さっさと吐いて。でないと
そこの男から殺すわよ?」
Kay
「随分なご挨拶だな、お嬢さん
そんな物を人に向けるんじゃない」
Kay
「立てるか?」
Annie
「掠っただけです。
あなたは早く逃げて下さい」
Kay
「女は守られるものだよ。
下がってなさい」
金髪の女
「あら素敵。杖をついているのに
銃でも隠しもっているのかしら」
Kay
「生憎だが私は目が悪くてね、
当たらないから持っていないんだ」
金髪の女
「わざわざ自分の弱点を言うなんて
馬鹿な男ね……さよなら」
(銃声が響く)
金髪の女
「……っな、んで」
Kay