ひとり劇場

大壮「シャツの話」

※腐注意 アイドリッシュセブン2×5 初投稿

大壮
シャツの話
二階堂大和
たっだいま~
二階堂大和
あれ?誰もいないー?
(大和)
たしか、ソウが休みだから家事してるはずなんだけど。
(大和)
まぁ、いっか。
(大和)
他のヤツは仕事だしな~
(大和)
オレ達も人気になったもんだ
ガチャ
二階堂大和
あれ?ソウ?
逢坂壮五
んぅ~
二階堂大和
寝てんじゃん
(大和)
やっぱ疲れてんだな。ソウは無意識に溜め込むタイプだし。
逢坂壮五
やま……さん
二階堂大和
お?
(大和)
寝言ってかわいいな
二階堂大和
お兄さんはここだよ~?
逢坂壮五
ハッ……あっ、大和さん!
逢坂壮五
あ、えっと…おかえりなさい?
二階堂大和
おう、ただいま。
逢坂壮五
あの、なんでここに?
二階堂大和
なんでって…ここお兄さんの部屋なんだけど?
逢坂壮五
あっ、え?!あっ!!!
(壮五)
そうだ!大和さんの洗濯物しまいに来て、ついでにまた洗うシャツ取りに来て、ちょーっと出来心でニオイ嗅いじゃったりして、いいニオイで……
逢坂壮五
うわっ!
壮五は慌てて顔を隠した。
二階堂大和
何があったかは知らないけど、そのソウが顔面に付けてるやつお兄さんのシャツね。しかも、使用済み。
逢坂壮五
あっ!!すいません!ごめんなさい!許してください!
二階堂大和
いやオレは怒ってないよ?ただ、ソウは大丈夫かなーと思ってね。
二階堂大和
しかも、寝てた時も顔面に付いてたけどだいじょぶ?くさくない?
逢坂壮五
あっ、いや、とてもいいニオイで!全然くさくなんかなくて、むしろ心地いいというか……!
二階堂大和
ソウパニクりすぎ笑
逢坂壮五
あっ、いや……もう、しゃべりません。
二階堂大和
あ、開き直った。
二階堂大和
つまり、ソウはお兄さんのニオイが大好きすぎて眠くなっちゃうくらい、お兄さんが大好きだと。
逢坂壮五
なっ、なんでそうなるんですか!
二階堂大和
だってそうじゃない?しかもお兄さんのシャツ抱きしめて寝てるとか、、誘ってるとしか思えないんですけど…?
逢坂壮五
別に間違ってはないですけど……
二階堂大和
おっ、ソウって変なとこ男らしいよな笑
二階堂大和
そこも好きなんだけど
大和は壮五の耳に口付けた
逢坂壮五
ッ!
二階堂大和
どう?ドキドキした?笑
逢坂壮五
もう!からかわないで下さい!
二階堂大和
からかってないよ?本気だよ?
二階堂大和
オレはソウにドキドキして欲しくてやったの。
壮五の顔が真っ赤になる。
大和が自分のベッドに寝転んだ。
二階堂大和
おいで?生身の方がオレのニオイするんじゃない?
逢坂壮五
そういうことじゃないんですけど(ボソッ)
二階堂大和
んっ?なんか言った?
逢坂壮五
なんでもないです。
逢坂壮五