ひとり劇場

fgo 『今年のクリスマス』

出ないなら 被せてしまえ サンタ帽。初投稿、ジクくだです。

‐ウィーン‐
ぐだ子
メリークリスマス!
ジークフリート
すまないぐだ子、それは少し早すぎるのでは?
ぐだ子
いいえ、早くはありません!なぜならここに、あなたへのプレゼントがあるからです!
ジークフリート
そうか(そういう問題…なのか?)
・・・
ジークフリート
なぁ、ぐだ子。これで良いのか…?
ぐだ子
うん!似合ってる!頑張って作ったかいがあったよ!
ジークフリート
本当か?そもそも、何故急にこんな物を作ったんだ?
ぐだ子
それはねフリート、私の〔マスター(訳:トナカイ)〕としての仕事が待ってるからだよ
ジークフリート
トナカイ?
ぐだ子
そう、トナカイ。去年は急にサンタなオルタさんのトナカイ役に任命されてね。プレゼント配ったんだ
ぐだ子
だけど、今年のクリスマスにはフリートがいる!私もトナカイやって二人の時間を潰したくない!
ぐだ子
と、いう訳でトナカイから〔御主人様(訳:サンタさん)〕を任命したらいいじゃないかと思って…大丈夫、プレゼントは私が用意した!
ジークフリート
俺と…そうか、ならーーー
‐ウィーン‐
邪ンタリリィ
初めましてトナカイさん!さぁ、プレゼントを配りに行きましょう!
ジークフリート
ーーー……
ジークフリート
いってらっしゃい
ぐだ子
現実は残酷だぁぁぁぁぁ!!!

 

投稿日時:2016-11-28 18:44
投稿者:メリア
閲覧数:12

↑このページの先頭に戻る