ひとり劇場

異変解決組ッ!

第2話です!第1話をご覧の上、お読みください。

パチェ
ここはパッ…メイド長の部屋よ。
(今、絶対にパッド長って言いかけた!)
霊夢
ふーん…殺風景ね。
魔理沙
窓とクローゼットとベット…
必要最低限のものしかないな
霊夢
メイド長でしょ?贅沢してもいいじゃない。
咲夜
私はただのメイド。お嬢様に仕えるものですから。
魔理沙
おお、咲夜。
霊夢
咲夜。あんた、私たちがここにいて不自然じゃないの?
咲夜
“来客者”様ですからね。
(いつもなら追い返されてるはず…)
咲夜
さぁ、ゆっくりなさってください。
魔理沙
ゆっくりって言われてもなぁ。私たちは異変を解決しに来ただけだからな…。
霊夢
そうよ。まぁ、菓子くらいならもらってあげるけれど。
(さすが貧乏巫女)
咲夜
異変…?なんのことかしら?
霊夢
いま、原因不明の病にかかってる人が多いんですって。
魔理沙
病状も人それぞれでな…。
咲夜
それなら、お嬢様がその病気にかかったわよ。
お嬢様…レミリアがですか!?
咲夜
ええ。昨晩からうなされているのだけれど、熱は無いし、なにかの病気でもないのよ。
魔理沙
紅魔館組で、病に倒されてるやつはレミリアだけか?
咲夜
ええ。門番は脳筋だし、妹様も異変はないわ。
霊夢
なんなのよ…。
パチェ
話は済んだかしら?
魔理沙
まぁ、一応…
咲夜
あら、もうこんな時間。少し失礼するわね。
パチュリー、どうするんですか?
パチェ
何も出来ないわ。ヤブ医者の薬が完成するのを待っているだけね。
霊夢
永遠亭の?
パチェ
それ以外にいるかしら
魔理沙
多分いないな
パチェ
そろそろ完成する頃だから…もらってきてもらえるとありがたいわ。
霊夢
で、永遠亭に行くの?
魔理沙
行かねぇよ。面倒なことになるだけだぜ。
フラン
咲夜~、って、咲夜は?
パチェ
咲夜は買い物に出かけたわ。
フラン
そっか~
魔理沙
ほら、部屋で大人しくしてろ。
フラン
魔理沙と弾幕ごっこしたかった…
魔理沙