ひとり劇場

異変解決組ッ!

東方の霊夢・魔理沙 人間の葵が異変を解決する物語です!

魔理沙
それで、今回の異変はなんだぜ?
霊夢
それがわからないのよね…
そ、それじゃあ、どうするんですか!?
霊夢
どうにもできないわよ。
魔理沙
まぁ、打つ手が一つもないって訳じゃないぜ?
え!?ど、どうするんですか!?
霊夢
大体異変を起こした黒幕はわかるしね。
魔理沙
あぁ。多分あいつだろうな。
(この人たちすごい!!)
そして3人はある場所へ向かった
魔理沙
到着。紅魔館だ。
こ、紅魔館!?
霊夢
なんでそんなに驚いているの?
だって…私達がいた距離から紅魔館まではすごく遠いですよ?半日はかかります…
霊夢
私たちをなんだと思ってるの?
霊夢さんと魔理沙さん…です。
魔理沙
そーゆー意味じゃなくて、私達は空を飛べる。だから短時間で移動できたって不思議じゃない。
霊夢
魔理沙の言う通り。
そ、そっか…
葵はどこからかメモ帳と鉛筆を取り出し、何かを書いた。
魔理沙
そんな事しなくてもいいじゃないか…
霊夢
いっつもこれ。どんな風にメモしてるのか、逆に気になるわ。
できた、あ、お待たせしてすみません。
霊夢
平気よ。さぁ、行きましょ。
こうして、紅魔館の門の前まできた3人。
魔理沙
美鈴、私達紅魔館に用があるんだ。開けてくれ。
美鈴
無理です。
お願いします。一大事なんです。
美鈴
そう言われましてもね…お嬢様のご命令です。
霊夢
どんな命令なの?
美鈴
そ、そんなの、言えませんよ!
霊夢
チッ
(舌打ち!?)
魔理沙
なぁ、頼むよ。ホントに危ないんだ。
美鈴
(気づいたのか…)
無理なものは無理です。
霊夢
なら、力ずくで通らせてもらうわ。
え、れ、霊夢さん!?
魔理沙
葵、ここは霊夢に任せようぜ。
美鈴
いくら霊夢だからって、容赦しませんよ。
霊夢
そう。勝手にすれば?
パチェ
美鈴、やめなさい
美鈴
パ、パチュリー様!?
霊夢