ひとり劇場

路地裏の小さなカフェで… 短編物

こんにちは!みかん好きです(*ˊᵕˋ*)今回は短編に挑戦してみました!少しエッチに捉えてしまう方が多いかもしれません!苦手な方は引き返してくださいm(_ _)m

みか
この物語は
みか
路地裏にある小さなカフェから始まった
みか
暗く、森閑な店内には
みか
2人の人間が存在していた…
みか
彼女は消え入りそうな声でこう言った…
みか
あっ……そっちは…
みか
オーナーさんっ……!
みか
だっ……だめ
店長
……
店長
じゃあこっちはどうだい?
店長
そう言って、店長は手を彼女へと向ける
店長
見透かすように彼女の潤んだ目を見ながら
みか
あっ……
みか
こっちなら……いいかも…
店長
ふーん(¬ω¬)
店長
じゃあ、そっちに戻ろうかな…
みか
ふぁっ!
みか
っだめ……
店長
店長
君はポーカーフェイスって言葉を知っていますか?
みか