ひとり劇場

魚と少年 第1話

見知らぬ草原を歩いていたら、魚に話しかけられて……。オリジナル短編です。

わたし
ここ、は……
気がつくと、
わたしは見知らぬ場所に来ていた。
どこまでも広がる草原。
さわさわと、足にあたる草が
心地いい。
やあ
ふいに話しかけられて、びっくりする。
ごめん、ごめん。
驚かせちゃったね
見ると、宙に浮かぶ魚が
わたしの目の前に、いた。
わたし
あなた、だれ?
それに……
ここは、どこなの?
そう問いかけようしたら、
どこだろうね。
どこだと思う?
逆に質問してきた。
返答に困っていると、
少年
ここがどこだろうと、
キミにはあまり関係がないよ
急に背後から話しかけられた。

3  

投稿日時:2016-11-18 09:17
投稿者:魚住すくも
閲覧数:5

↑このページの先頭に戻る