ひとり劇場

臆病マスターと寂しがり屋な女の子【3.5】

【03】の番外編です

臆病マスターと寂しがり屋な女の子【3.5】
結月さん
…すぅ…
(…ガチャン)
(心の中)
(…ドアの音…?)
結月さん
…!
声が出ない
結月さん
???
(心の中)
(あれ…なんで…)
何度やっても出ない
(心の中)
(そもそもここは何処…?)
知らない天井
知らない風景
知らない部屋
知らない匂い
(心の中)
(なんで私はこんな所にいるの…?)
とりあえずベットから出てみる
結月さん
(心の中)
(ト、トイレ…)
足早にトイレに入り、ふと気づく
(心の中)
(あれ…なんで私トイレの場所知ってるの…?)
腑に落ちない
(心の中)
(偶然…)
にしてはおかしい、
そもそもここは初めての場所で不安になる筈…
それなのに…
(心の中)
(なんで私は普通なの…?)
不安…というより少し安心している自分がいる
(心の中)
(とりあえずトイレから出て部屋を見て回ろうかな…)
しっかりと流して部屋を見回る
(心の中)
(やっぱりここがどこか分からない…)
玄関、お風呂場、キッチン、周囲を見ても記憶にない
(心の中)
(とりあえず今現在の分かってる事は、声が出ない、場所が分からない、そしてなぜか男用の服がある…)
そして一番理解出来ない事
(心の中)
(そして、何故か私は【1度も迷わなかった】)
(心の中)
(知らない人の部屋なのに…なんで?もしかしたら体は覚えていて記憶が…ない?)
記憶を辿ってみる
結月さん
……………。
そして気づく
(心の中)
(あれ…?)
記憶が
(心の中)
(嘘…)
起きた前の記憶が全て無いことに
(心の中)
(私の名前は結月ゆかり…
そしてVOICEROIDでありVOICEROID…それで…それから…!!)
頭を働かせ思考する
私は何であり、何なのか
ここはどこなのか…

すると何かが起動する音が聞こえた
結月さん
…?
どうやらパソコンが勝手に着いたようで
デスクトップの画面が表示されている
(心の中)
(もしかして…)
勇気を出してパソコンを見る
(心の中)
(やっぱり…だから声が出ないんだ…)
さっきまで寝ていたベットに腰掛け、理解する
(心の中)
(ここに【私】は居ないんだ…)
パソコンには【結月ゆかり】がインストールされていなかった

 

投稿日時:2016-11-03 17:13
投稿者:?

↑このページの先頭に戻る