ひとり劇場

ミライロ16*

ぱにゃです!今回は黒川さんのお家に着いてからのお話です!なんだか黒川さんの家が羨ましい〜❤︎

風山 結田
おじゃまします……。
川菜 凛恵
おじゃまします…。
川菜 凛恵
俺たちは黒川の家に着いた。
川菜 凛恵
暗の里の町外れの山に立つ大きな屋敷だった。日も暮れ、暗くなり始めていたから全体的に暗い。門が開きドアに向かって歩いていると使いの人が出て来た。
立花 湧
おかえりなさいませ。
黒川 玲奈
湧(ゆう)、この2人は私のクラスメイト。風山 結田くんと川菜 凛恵さんよ。今、事情により家に帰れないから今夜は屋敷に泊めるつもり。お父様には私から言うから、湧は屋敷の案内を。
立花 湧
かしこまりました。それでは、
立花 湧
すると、俺たちのバックを持ちましょうと手を出してくれた。
風山 結田
あっ、じゃあ、お願いします!
川菜 凛恵
あ、ありがとうございます!
立花 湧
そんなに緊張しなくても私は何もしませんよ。何かあったら気軽に湧と呼んでください。
立花 湧
と、微笑んだ顔は湧さんの優しい人格を表していると思った。
立花 湧
まず、お二人のそれぞれの寝室をご案内いたします。
立花 湧
俺たちは屋敷の廊下を歩きはじめた。廊下の明かりは電気ではなくランプで照らしていて少し薄暗い。
立花 湧
申し訳ございません。この屋敷の廊下の灯りはランプを使っておりまして、少し暗くなっております。お部屋から出る際は、ランプをお使いください。
立花 湧
まずこちらは、凛恵様のお部屋となります。
案内をさせてもらいます。
立花 湧
長い廊下を少し歩いて3つ目のドアの前に止まった。
立花 湧
失礼いたします。
川菜 凛恵
うわあ〜!綺麗!
風山 結田
すげ〜!
風山 結田
ドアを開けると、大きなベッドと机、そして街を見渡せるほどの大きい窓がついていた。床には赤いカーペットが敷かれていてテーブルも置いてあった。
川菜 凛恵
いいんですか?ここで寝て?
立花 湧
はい。このお部屋はお泊まりになるお客様専用のお部屋なので。
お着替えもただいま準備させていますので後に使いが参ります。
それでは次に結田様のお部屋を案内させていただきます。
凛恵様はおくつろぎになってお待ちください。
川菜 凛恵
はい!
立花 湧
では、参ります。
立花 湧
失礼いたしましたと、礼をし扉を閉めたあと廊下を歩き出した。とはいっても隣の部屋。おんなじような部屋だった。
立花 湧
結田様のお着替えも運ばせますので。
風山 結田
ありがとうございます!
立花 湧
何か、質問はありますか?
風山 結田
えっと〜、あ、トイレはどこにありますか?
立花 湧
部屋の突き当たり左にあるドアがトイレとなります。
風山 結田
ありがとうございます……
風山 結田