ひとり劇場

ミライロ15* 〈国屋 ゆいあ過去編〉

ぱにゃです! ゆいあちゃん!。゚(゚´Д`゚)゚。ってなる過去編だよ!見てね!

常田 茜
ひとり
常田 茜
ずっとひとり……
常田 茜
「暗いな……狭いな……」
常田 茜
壁も天井も真っ黒。1人だけの教室。手足には鎖。
常田 茜
自分はなんのために生まれて来たのか。
常田 茜
「双子だったから……」
常田 茜
いつしかこう考えていた。
常田 茜
「1つになれば、双子じゃなければ。」
常田 茜
そうだよ。2つに分かれた体を1つに……
常田 茜
探さなきゃ……体。
常田 茜
「お姉ちゃん……。助けて…?」
常田 茜
助けてって呼んだら、お姉ちゃん優しいから来てくれるよね?
常田 茜
「お姉ちゃんの体で私を助けて?」
常田 茜
みんなと同じ事しよう。
常田 茜
人は自分を守るために平気で人を、仲間を犠牲にする。
常田 茜
みんなやってるならいいじゃん。
常田 茜
犠牲になった……裏切られた人がどんな思いをしているのか
常田 茜
すこしは感じて見なよ。
常田 茜
みんな自分だけが安全ならいいと思ってる。
常田 茜
そんな人間が仕切る世界なんてかわいそう。
常田 茜
「私たちのものにしようよ。」
常田 茜
そのためにお姉ちゃん……
常田 茜
「体を頂戴……」
常田 茜
私と一緒に世界を救おう?
常田 茜