ひとり劇場

ミライロ13*

ぱにゃです!完全復帰☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆いや〜心配させてすみませんm(_ _)m今後手洗いうがいをしっかりしていきます!それでは続きをどうぞ!

風山 結田
昔の色彩はとにかくぽかーんとしてたよな!
川菜 凛恵
そうそう!ふわふわしてたよね〜!
風山 結田
あれ、色彩?
国屋 ゆいあ
何?
国屋 ゆいあ
夕日の光が逆光になって、色彩の髪が黒く見えた。
国屋 ゆいあ
……いや、髪だけじゃ無い。
国屋 ゆいあ
服も、靴も全てが黒い?
風山 結田
お前誰だ!
国屋 ゆいあ
私は……国屋 ゆいあ。色彩の妹。
風山 結田
っ!!
風山 結田
まさか!
風山 結田
………………………
植田 未来先生
実は月原は……
植田 未来先生
双子の、妹がいる。
風山 結田
えっ!そんな。
植田 未来先生
影の子だ。たまにあるんだが1つの腹で2人の神の子が宿ると、どっちか片方が影の神……つまり、嫌われ者の子が生まれてくる。
植田 未来先生
その神の子が生まれた年は不穏な年になると言われているくらい、避けたい事態なんだ。
植田 未来先生
しかし、生まれてきた以上殺すわけにもいかないから、国はこの事を隠したんだ。
風山 結田
そ、その妹ってどこに居るんですか?
植田 未来先生
影の里だ。私達や普通の人は行くことができない。
植田 未来先生
実際、彼女たちが生息している空間がよくわかっていないのも事実だ。
風山 結田
………………………
風山 結田
お前が先生の言っていた影の子!
川菜 凛恵
結田どういう事?妹って何?色彩はどこ?
国屋 ゆいあ
お姉ちゃんは私の物になったの。
国屋 ゆいあ
誰の物でもない。
国屋 ゆいあ
私の物。
川菜 凛恵
物って………色彩をなんだと思ってんの!
川菜 凛恵
色彩を返して!
風山 結田
おい!凛恵落ち着け!
風山 結田
凛恵は感情任せに力を使い出した。
風山 結田
鋭くうずく水が色彩の妹を襲おうとした時、
黒川 玲奈
やめて!
風山 結田
えっ?
川菜 凛恵
っ!
ぱにゃ