ひとり劇場

モブサイ師弟組で公衆電話の夜

流れ、会話などは原作通りのパロディはなしです。中途半端なところですが尻叩き用に…!




ことの始まりは、ある夏の夜。
深夜十一時を過ぎた頃に突然来た、師匠からの一通のメールだった。







────これから電話来ると思うけど。それ、俺だから────










僕はその時、自宅のベッドの上で図書館から借りてきた本を読んでいた。




師匠が電話してくること自体は、それほど珍しいことではないのだけど。いちいちメールで事前告知をしてくるのが気になった。一体、何の話だろう?




そんなことをぼんやり考えていたら、ぶうーん、と蜂の飛行音の様な音を立てて携帯が振動した。
師匠からだ。しかし、携帯の画面には、"霊幻新隆"の名前の代わりに、『公衆電話』と書かれていた。








はて、と思った。これが師匠からの電話だとして、どうして師匠はわざわざ公衆電話から僕に電話を掛けてきているのだろうか。先程メールが来たのだから、携帯は持っているはずなのに。
しかし。考えても分からないので、読みかけの本を置いて、電話に出た。








……もしもし?








遅かったな、モブ
もっと早く出ろ




確かにそれは、師匠の声だった。








こんな夜中にどうしたんですか。それに、そこって電話ボックスの中?
ご名答〜
どうしてそんなとこから掛けてきてるんですか?



と、訊いてみるは良いが、その答えが半ば予想できていた。







実はよー、この電話ボックスが、有名な心霊スポットだって噂があってな。
こうやって電話掛けてると、いつの間にか男が、外からこっちをジーっと、見つめてるんだとよ

はい。そんなことだろうと思ってましたよ



師匠がこういうことをする時は、必ず、依頼がらみのあれこれなのだ。








曰く……





その男の霊は、まだ生きていた頃、仕事帰りにいつもそこの公衆電話を使用していた。携帯もまだ普及してなかった時代。家族に『もうすぐ帰るよ』 と連絡していたのだ。
が、しかし。ある日、仕事が終わって電話を掛ける前に、よそ見運転の車に轢かれて死んでしまった……。









師匠から話を聞いた瞬間。そんな悲しいストーリーが、僕の頭の中では展開されていた。先程まで読んでいた小説の影響だろうか。





けれども、僕は不思議に思う。そういう場所には必ず僕を連れて行く師匠が、今回は一人で…?彼なりに何か考えがあるのだろうか。








あの…。それで、そこには男の人は居るんですか?








ああ、違う違う。



男の霊が出るのはこっちじゃなくて。電話をかけられた方だ



……はい?




窓の方に出るらしいから。出たら、実況してくれ





「考え」は、あったらしい…。







僕は、窓の方を見た。







カーテンがふわりと揺れていた。
窓は閉めていたから、今日の暑さに我慢できずにつけたエアコンのせいだろう。ここは二階、窓に映るのは、闇夜の景色だけのはず。










しかし。







僕の喉から、ひゅっ、と息が漏れた。





そいつは、身体全体をガラスに押し付ける様に、ぴったりと窓にはりついていた。










腕も足も、九十度近く曲げ、その目は、何処を向いているのか分からない。服は着ておらず、全裸。





その身体は、ぞっとする程、白かった。








ヤモリだった。










……いた
マジでっ!?

1  

投稿日時:2016-10-22 17:35
投稿者:モブ
閲覧数:7

↑このページの先頭に戻る