ひとり劇場

人理継続保障機関カルデアの一日(修正版)

人理継続保障機関カルデアの一日の修正版です。

クロエ・フォン・アインツベルン
ねぇイリヤ。お腹空いたから食堂にでも行ってみない?
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
うん! 私も丁度お腹が空いてたんだ!
クロエ・フォン・アインツベルン
マスターも一緒にどうかしら?
主人公
別に構わないよ。丁度お腹空いてるし。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
それじゃ! 食堂にレッツゴー!!
◆◇◆
エミヤ〔アーチャー〕
ふむ。その宝具、私も模倣できないものか…
俵藤太
この米は武器ではないからなぁ。構造の把握すら不可能だと思うぞ。
主人公
あれ、二人共どうしたの?
クロエ・フォン・アインツベルン
(? 赤い人ってもしかして…)
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
(あの赤い人、どこかで見たような…)
エミヤ〔アーチャー〕
マスターか。実は今日のアルトリア達の昼飯を和食にしようと思ってな。そこで大量の米が必要になったので、俵藤太に相談していたところなんだ。
俵藤太
うむ。彼女達の食欲はもはやカルデア随一。三蔵もそこそこの大食感ではあったが、彼女達の前では可愛いものだ。
主人公
た、大変なんだね…
エミヤ〔アーチャー〕
いや、存外そうでもないさ。私は極めて料理が好きなのでね。
俵藤太
拙者も、この米俵を必要としているなら、それを拒む理由はないからなぁ。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
あ、思い出した!!
エミヤ〔アーチャー〕
い、イリヤ!?
俵藤太
お主ら、どこに居た!?
主人公
どうしたの? イリヤ。
クロエ・フォン・アインツベルン
わ、私もよイリヤ。あの人の服、私と同じだわ!
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
そうだけど!! あの顔!! 肌の色とか色々違うけど、ほんの少しお兄ちゃんに似てない?
俵藤太
ふむ。イリヤ嬢の言う兄上のことは存じぬが、そう言えばエミヤはイリヤ嬢を知っているような反応をしたなぁ…?
クロエ・フォン・アインツベルン
あれ? そう言えば…?
エミヤ〔アーチャー〕
オ、私は彼女達と知り合いではないのだが?
主人公
一瞬オレって言いかけた時点で怪しいよね。
エミヤ〔アーチャー〕
うっ!?
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
て言うか、俵さん! この人をさっき、エミヤって呼ばなかった!?
俵藤太
当然だろう。それがこの男の名だからなぁ。
クロエ・フォン・アインツベルン
もしかして私の中に入ってる英霊ってお兄ちゃんなの!?
◇◆◇
エミヤ〔アーチャー〕
私の真名は、衛宮士郎。だが、私とイリヤやクロエに血縁関係などないはずだが?
主人公
じゃあ、なんでイリヤやクロと面識があるの?
エミヤ〔アーチャー〕
クロエとは面識はない。確実に初対面だ。
主人公
じゃあなんでイリヤとクロはエミヤのこと知ってるの?
ロマニ・アーキソン
僕の出番のようだね。
主人公
ロマン!?
ロマニ・アーキソン
君達は立体交差空間並行世界論と言うものを知ってるかな?
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
り、りった……長過ぎッ!!
クロエ・フォン・アインツベルン
私は知ってるわよ? 確か、私達が居る世界の他にも、色々な世界が無数にあるって言うヤツよねぇ?
ロマニ・アーキソン
その通り。僕達がいる世界とは違う、無数のifを内包した世界の数々。それが異世界だ。
俵藤太
いふ、とやらが何かは知らぬが、ようは可能性か?
主人公