ひとり劇場

ミライロ10*' 〈月原 色彩・風山 結田過去編〉

ぱにゃです!すみません昨日サボりましたね( ̄▽ ̄;)忘れていたわけではないんですけど……すみませんm(_ _)mこの過去編は、ミライロ9*の最後の結田さんが言ったことの内容です!結田さんは昔からかっこよかったんですね(*≧∀≦*)

男の子
そのパン、わたせよ!
月原 色彩
やーだ‼︎
月原 色彩
はあ…はあ…はあ。ちくしょう、一人にしちまった!
月原 色彩
待ってろ!色彩!
男の子
神の子だからっていばるんじゃねーよ!
月原 色彩
ちがうもん。このパンは……
月原 色彩
もっと足が速ければ……早く!早く‼︎
月原 色彩
このパンは…結
風山 結田
俺のだ〜〜‼︎
風山 結田
とっさに声を出した俺は、勢い余って力を使ってしまった。
風山 結田
たちまちあたりに火が上がる。
男の子
また…こいつ……おい逃げるぞ!
男の子
色彩をいじめに来たやつらは、あわただしく逃げていった。
男の子
いじめていたのは、やっぱりいつも見慣れた男の子達だった。
風山 結田
おい。色彩大丈夫?
月原 色彩
うん!だいじょう…ブシュン‼︎
月原 色彩
「ヒュ〜」
黒川 玲奈
色彩が小さなくしゃみをした途端、風が吹いた。
黒川 玲奈
その風は火の子を運び、近くのカーテンに着いてしまった。
月原 色彩
「ボオッ!」
風山 結田
うわ!
月原 色彩
うわ!
月原 色彩
7歳の俺たちには何もできず、思わずその場から逃げだしてしまった。
月原 色彩
必死に逃げた俺たちは、学校の裏の森まで来てしまった。
月原 色彩
ねぇ、ここって来ちゃいけないところだよ?
風山 結田
わかってる!
風山 結田
わかってるけど……このあとどうすればいいっていうんだよ!
風山 結田
あっ!
月原 色彩
うわ〜!
月原 色彩
急に視界が開けた。
月原 色彩
すると、そこには大きな木と池があった。
月原 色彩
大きい木だね!結田!
風山 結田
そうだね。
風山 結田
どうしてこんなに綺麗なのに、ここは入っちゃいけないんだ?
風山 結田
首、痛いなぁ……
風山 結田
俺はそのまま後ろに倒れた。
風山 結田
「……本当に凄い」
風山 結田
まるで、神様がここへ俺たちを導いたかのような雲1つない空の下での出来事だった。
風山 結田
END

3  

投稿日時:2016-10-18 22:26
投稿者:ぱにゃ
閲覧数:3