ひとり劇場

ミライロ7*

こんにちは!ぱにゃです!すみませんm(_ _)m前回の題名「5*」となっていましたが、正しくは「6*」です!(過去編が5*となります)びっくりさせてごめんなさい!⚠︎再投稿はしません!⚠︎

???
ふと気が付くと、目の前に真っ白な景色が広がっていた。
???
地面と空の区別が本当につかない。まるでそれこそ浮いているような感覚!
???
すると...
植田 未来先生
お、私たちに反応したらしいな!
月原 色彩
何これ?
月原 色彩
私たちの頭の上に色違いの大きな円盤がいくつも出てきた。
山西 りゆ
これが各種のデイドリーム・フューチャー……
有川 ありす
首が痛くなるほど高いところにあるね!
有川 ありす
ほとんどの人が感情を表に出す中、黒川さんは凛とした表情でどこかを見つめていた。
有川 ありす
なんだか....慣れている感じがした。
月原 色彩
黒………
風山 結田
おい、色彩行くぞ?
月原 色彩
ええっ?あ、うん……あでもちょっと黒川さんの所に……
風山 結田
はあ?もう黒川たちは先に行ったぞ?何寝ぼけてんだ?俺らも行くぞ!
月原 色彩
えっ!
月原 色彩
振り向いた先にはもう黒川さんの姿はなかった。
月原 色彩
あれ?なんで私黒川さんに話しかけようと思ったんだっけ?
月原 色彩
慣れている...感じ..か。
月原 色彩
気のせいだよね!
風山 結田
はあ?今度はなんだよ!
月原 色彩
何にもなーい!
植田 未来先生
ほれ〜2人!お前たちは風の間だぞ?そっちの方向は反対だよ?
風山 結田
あ、はい!
植田 未来先生
じゃあ、生徒証の32ページ開いて!
植田 未来先生
私たちは生徒証を開いた。
植田 未来先生
じゃぁ、そこの風の間の呪文を2人で一緒に唱えて!
月原 色彩
はい……
月原 色彩
そして2人で一緒にズレながらも唱えきった。すると、
月原 色彩
あ、降りてきた。
月原 色彩
風の間を示す水色の円盤、デイドリーム・フューチャーの入り口が私たちの目の前に降りてきた。
風山 結田
へー、これが風の間?
植田 未来先生
そうだ。先に月原が乗ってくれ!お前の部屋だからな!
月原 色彩