ひとり劇場

ミライロ5*

こんにちはぱにゃです!ごめんなさいマイペースは治せそうにない!やっぱりだいたい9時ぐらいにします……ごめんなさいm(_ _)m

月原 色彩
鏡の間に入った私たちは初めて見る光景に驚きを隠せきれなかった。
月原 色彩
す、すごい……
亜宮こう・るう
お〜〜!
植田 未来先生
ここが鏡の間だ。
植田 未来先生
ドーム状の建物の中に5mくらいある鏡が置かれていた。
月原 色彩
これが……ばあやの言ってた神様たちの玄関。
植田 未来先生
お、ばあやって、うじばあのことか?
月原 色彩
あっ、はい。
月原 色彩
うじばあは、私の育て親。私の両親は私が小さい時に死んでしまった。
月原 色彩
だから今はお母さんの生まれ里の長老うじばあの家に住んでいる。
月原 色彩
お母さんは、私を産んで3日後に死んだ。お父さんは私が小学1年生のとき事故で死んでしまった。
月原 色彩
よく昔から神の子の事や古くからの歴史のことをよく聞かされていた。
月原 色彩
自分が神の子だというのもあって小さい時は興味津々に聞いていたの。
有川 ありす
さ、寒い……
甘宮 かいら
寒い……
山西 りゆ
ん、確かに寒いな?
植田 未来先生
ここはな太陽の光が直接当たらない場所なんだよ。だからやけに寒いってわけ!
有川 ありす
ちょっと待ってて。できるかも!
風山 結田
そう言うとありすちゃんは目を閉じた。
月原 色彩
月原 色彩
あ、暖かい?
月原 色彩
何故か鏡の間がだんだんと暖かくなってきた。
植田 未来先生
さすが陽の神の子だな!
甘宮 かいら
あったかくなってきた…
海林 光
ああ、そういうこと。太陽の光をこっちにまで導いたわけだ。
有川 ありす
うん!
有川 ありす
陽の神の子 有川ありすちゃん。太陽の神の子なのに極度の寒がり。いつもフード付きのパーカーを着ていて、とても可愛らしい。
植田 未来先生
ま、過ごしやすい暖かさになったところでこれからデイドリーム・フューチャーに行く。
植田 未来先生
それぞれの組み合わせに並んでくれ。
風山 結田
色彩!こっち。
月原 色彩
うん!
月原 色彩