ひとり劇場

幼馴染の場合・ケーキ

一番声の具合がイイかなって。

シオン
見ざる
シオン
ティモシーを無事お迎えし、
読者の皆を震撼させた眼鏡ハワード登場、そしてリナリーがノア化進行を目撃した以降のシーン。
リンク
えっと…私の顔に何か?
リンク
(私の顔を覗き込んで動きを止める幼馴染。
銀の髪が一束、また一束と流れ落ちるのを、視界の端に捉えた。)
マリア
いや。…眼鏡を掛けるようになったのだな
リンク
(予想に反して小さかった話題に、
今度は自分が目を点にする番だった。)
リンク
は? …ええ、まあ。
書類仕事の間だけですが。
マリア
そうか
リンク
(ふわりと上体を起こす彼女。まさか、似合っていないだとか…?
そこまで考えて、我に返る。何故そんなことを気にする?
確かに静粛な場に相応しい衣装こそ案ずることはあれど、今まで自分自身の容姿など気にもして来なかった。
そのはずなのに。
そんな思考も、彼女が次に紡いだ言葉に霧散していった。)
マリア
 よく、似合っている 
リンク
(ドクリ。そんな自分の心音に顔を少し上げると、とびきり優しい微笑みを携えた彼女の顔があった。
――前言撤回。とんでもない話題だったようだ。)
リンク
(どんどん高鳴る心音に、どうか止んでくれ
と祈っていると、彼女が不意に私の頬に手を添えた。)
マリア
ふむ…冷えているだろうと思ったが、
そうでもないらしい。
リンク
(どちらかと言えば――
と彼女が紡ぎ終わる前に、自分の顔が酷く熱いことに気付いた。
いや、気付いてしまったと言うべきか。)
マリア
君を極寒の廊下で二時間も待たせてしまったと、リナリーが。
リンク
(ああ、頼むから今だけは。
そうやって、私に笑顔を向けないでくれ。
先程までの寒さは、どこかへ掻き消えた。)
マリア
次からは、私の部屋に来るといい。
君の知る通り、暖房器具ならそこそこ揃っているから。
リンク
(私の返事がなくとも、彼女は会話を展開していく。
そして、同時に高まっていく熱。早まる鼓動。
この症状は、そろそろ原因不明の動悸では済まされないところまで進んでいるらしい。
以前読んだ書物の記憶から、当てはまる項目を弾き出す。
私は、もしかするとマリアを――)
アレン
ちょっとぉー!?なっなっ、な…ッ!!
何ベタベタしてるんですかリンクっっ!!
リンク
(今まで呆気に取られ成り行きを見守っていたらしいウォーカーが、ようやく現実に引き戻されたようだ。
彼の叫びは私の思考の手を引いて、あっさりと頭を冷やしていく。
私は誰に知られるともなく、密かに彼に感謝した。)
リンク
( 見つめてはならない )





シオン
ケーキ
マリア
時にアレン。君はリンクの作る洋菓子を
食べたことがあるかい?
アレン
へ? えぇ、まあ。
初対面の時に戴いて…
マリア
なるほど、そういえば
そのような事を言っていたな。
マリア
……昔もよく作ってくれたものだ。
今は監査で忙しくなってはいるが、もし時間が出来たらまた…
リンク
…いえ、今でも作れます
ハモリ
え?
リンク
作って来ます
アレン
(ガタッ、と勢い良く立ち上がり、
そのまま立ち去るリンク。)
アレン
ちょっ…待ってください!!
アレン
(明らかに様子がおかしい。キミの大好きな監査の仕事は何処にいったんだ?
自分にとっては嬉しいことのはずが、律儀な僕はリンクの後を追った。)
シオン



ケーキ作り
リンク
(このケーキを作ると、いつも彼女は幸せそうな笑顔で――)
アレン
わぁあっ!?ちょっとリンク!!
いつまで泡立ててるつもりなんですか!?
リンク
…は?
リンク
(腕に抱いたボウルには、カチコチになったクリームが。)
アレン
…まさか、リンク……
リンク
〜ッ、私とマリアはっ!!!
ただの同僚だと言っているでしょう!!!!
アレン
(何故か一旦止めたはずの泡立てを
光速で再開するリンク。)
アレン
(まだ何も言ってないんだけどなあ…)
アレン
(しかも、また名前で呼んでるし…。
と訝しむように目を細めるが、リンクの思考は考えることをやめたのか、それに気付くことはなかった。)
ラビ
おっ!珍しー光景。ナニナニ?
アレンの注文過多でジェリーが過労にでもなったさ?
アレン