ひとり劇場

入団

教団の周りを飛び回るゴーレム。アレンが入団したその翌日(あたり)、怪しい狐面の少年がモニターに映る…みたいなカンジ。飄々系キーマンショタは世界を救うと思います。ゼンゼン説明してないけれど、シオンとマリアの関係性も矛盾生まないように綿密に練られてたり…

マリア
入団

ジョニー
フードを目深に被ってて…
リーバー
狐の面着けてるって…
ハモリ
……。
リナリー
ま、まぁ。今は門番の審査を待ちましょう!
門番
コイツ…アウトォォオ~~!!!!
ハモリ
!!
門番
ア、AKUMAの臭いがプンプンしやがるゥ~~ッ!!!
マリア
(当の本人は おや?と
特に大事とも思っていなさそうな声色で事態を見守った。)
リナリー
大丈夫よ兄さん。
神田が行ったみたい。
アレン
ぼ、僕も行きます!!
リナリー
アレンくん?
もう神田が到着する頃だから大丈夫よ?
アレン
いえ、僕の左目があればAKUMAかどうかすぐに見分けられますし。それに…
マリア
(儚げな表情で遠くを見つめる。)
アレン
なんか、見たことあるパターンだなぁ、って…
コムイ
ギクーッ!
ハモリ
あぁ……。
アレン
とにかく、行ってきます!!
リナリー
あっ、アレンくん!!
… 行っちゃった……。
マリア
(門前にて)
シオン
それは多分、ここに来る前
AKUMAと交戦したか…らっ?
マリア
(神田の着地斬りをかわす。)
神田
チッ、避けたか…
一匹で来るとはいい度胸じゃねェか。
マリア
(戦闘。軽々と神田の攻撃を躱す少年。)
シオン
だから、AKUMAじゃないんだって。
なかなか悪くない太刀筋だけれど。
でも…僕はお話がしたいかな?
マリア
(刃を掴む。)
神田
!!
アレン
ちょっとバ神田!
先に行かないでくだ…
マリア
(アレンの左目が発動しない。)
アレン
って!その人…AKUMAじゃありません!!
ハモリ
え?
神田
…何?
アレン
何?じゃないですよ!
さっさと刀を下ろしてください、このバッ神田っ!!
神田
…チッ。
シオン
…えーと、改めて。
中央庁から派遣された者だ。
上層部から、書類が届いているはずなんだが…
シオン
室長宛てに。
リナリー
……兄さん?
ハモリ
室長?
コムイ
うっ…そこのキミ!!
モブ
えっ、またオレっすか!?
ジョニー
流石に二度目は……
リーバー