ひとり劇場

臆病マスターと寂しがり屋な女の子【03】

ゆかりさんが家に来たら、そんな物語です。

臆病マスターと寂しがり屋な女の子【03】
リビングに行くと彼女はソファーにちょこんと座っていた。
結月さん
……
マスター
えっと、これ…
そう言って紙とペンを手渡す。
結月さん
彼女は受け取り、お辞儀をすると
その紙に何やら文字を書いている。
(心の中)
(とりあえず、僕の考えていた事は合ったみたい。)
(心の中)
(という事はやっぱり…)
結月さん
彼女は紙を見せてくる。
「貴方が私のマスターですか?」
マスター
(心の中)
(やはり彼女は【声】が出ないようだ。)
結月さん
首を傾げ、また何やら文字を書き出す。
マスター
えっとね…
結月さん
マスター
まず君はどこから来たの?
結月さん
…?
彼女は少し考えながらも紙に
「分からない」
と書いてそれを見せてきた。
マスター
なんで話せないの?
結月さん
……
彼女は僕のパソコンに目を向けて
「私が居ないから」
と書き、俯いてしまった。
マスター
あぁ…それで声が…
ん?でもそれだったらなんで君が…
結月さん
…!!
彼女は顔を勢いよく上げて、怒ったようにペンを走らせた。
(心の中)
(あ、あれ?何か言っちゃいけないこと言った…?)
結月さん
!!!
「私には【結月ゆかり】という名前があります!【君】じゃないです!」
紙にはそう書かれていた。
マスター
あ、ごめん…
じゃあ…えっと、結月…さん。でいいかな?
いきなり下の名前を呼ぶのは失礼…
なら苗字はいいかな、と思い恐る恐る聞くと…
結月さん
彼女は少し不服そうな顔をしながらも
「それでいいです【マスター】。」
と書いてくれた。
ただマスターの部分を太文字で強調させていたけど…
マスター
あ、後僕はマスターじゃないから普通に名前…
結月さん
…ッ!
凄い威圧が掛かった。
自分の言葉を飲み込むくらいの威圧だった。
マスター
…何でもないです。
女の子に負けてしまった。
結月さん
彼女…結月さんは楽しそうに体を揺らしている。
そういえば…
マスター
あ、あの…ご飯、食べません?
結月さん
彼女は恐らく朝から何も食べていないはず…
何か作って…
(心の中)
(結月さんって食べれるのかな…)
結月さん
~♪
なにやら嬉しそうだった。
久しぶりのご飯(?)だからだろうか…
とりあえず今日は有り合わせで作りながら、明日の予定を色々練り直していた。