ひとり劇場

臆病マスターと寂しがり屋な女の子【02】

ゆかりさんが家に来たら、そんな物語です。

臆病マスターと寂しがり屋な女の子【02】
僕のいつもの日常はとても単純でつまらなかった。
いつもの時間に起きて、
玄関の鍵を閉めて、
いつもと同じ時間に家を出て、
いつもと同じ電車に乗って、
いつもの学校に着き、
いつもの席に座り、
授業を真面目に聞き、
そして帰る
同じ事の繰り返し、つまらない。
マスター
はぁ…
何か変化が欲しかった。
でもその変化が恐かった。
だから同じ日々を繰り返し、ただただ時間を浪費していた。
(心の中)
(さっさと帰ってパソコンでも弄ろう…)
そうして1日が終わり、また同じ日々を繰り返す。
(心の中)
(明日、念願のゲームがやっと買える…ここまで長かった…)
唯一の楽しみはパソコンのゲーム
これぐらいしか楽しみが無かった。
だから僕は早く寝て、明日に備えようと急ぎ気味で家に帰った。
(…自宅前)
鍵を開けようとしたが、いつも掛かっている鍵が開いていた。
(心の中)
(あれ?…おかしいな…
まぁ…そんな時もあるか)
その時は、(あれなんかあったような…)としか思い出せてなかった。そして…
マスター
ただいまー…
誰もいない部屋に向かって「ただいま」と言う。
返事は返ってこないと分かっているのに。
(…ガタッ)
マスター
…?誰かいるの?
(テッテッテッテッ…)
小走りでこっちに駆け寄ってくる音がする。
結月さん
…!!!
彼女は、【結月ゆかり】は僕を出迎えた。
可愛らしく頬を染めながら、両手を胸の前で握っている。
マスター
あー…
困惑する。
結月さん
…???
彼女は何か間違えたのかと思い、自分のおかしい所を探す素振りをする。
体を捻って、何か服についているのか…
顔になにか付いているのか…
(心の中)
(そうだった…)
完璧に忘れていた。
あの朝の出来事を…
マスター
えっと…ただいま?
結月さん
…!
彼女はビックリしながらも何かを言おうと口を動かす。
しかし小さい口が動くだけで声は出なかった。
マスター
…大丈夫?
(心の中)
(声が出ない?…でも、確かあれはボイスロイドだから声は出せるはず…)
結月さん
!!!
細い両腕で、強引に腕を引っ張られる。
マスター
え、な、何?!
結月さん
〜ッ!!
手を開けさせ、小さい指で僕の手のひらに文字を書いた。
マスター
か…み…?
結月さん
!!!(コクコク)
どうやら当たりだったのか、彼女は勢いよく頷く。
マスター
分かったけどちょっと待ってくれる…?
とりあえず家に入りたいんだけど…
結月さん
彼女は我に戻ったのか、申し訳ない顔をして少ししょんぼりしていた。
マスター
あ、いや怒ってないからそんなに落ち込まないで…
とりあえずリビングで話をしよう…いいかな?
結月さん
…(コクン)
彼女はまだ少し落ち込んでいるのか足取りは少し重かった。
(心の中)
(夢じゃ…なかったんだ…)
靴を脱ごうとしゃがむと、自分の心臓がいつもより鼓動が高鳴っている事に気付いた。
(心の中)
(…疲れたのかな)
そんな事を思いながら、リビングに向かう。
マスター
あ…
ふと後ろを振り返る。
いつも帰ったら必ず閉める鍵をしていなかった。
(心の中)
(疲れてるんだな…)
溜め息をつきつつ、僕は鍵を閉め
彼女をどうするか考えるのだった。

3  

投稿日時:2016-09-21 02:58
投稿者:?
閲覧数:1

↑このページの先頭に戻る