ひとり劇場

私の友達

実話です。これは私のことを書いています。「私のクラスの女子はこんなに怖かった」シリーズのオマケみたいな…

奈月•*¨*•.¸¸♪(私)
「裏切られた」
シンジテタノニ。
奈月•*¨*•.¸¸♪(私)
何でなんでナンデ?私が悪いの!?
信じてたんだよ…本当に…裏切るなんて酷い…
奈月•*¨*•.¸¸♪(私)
私の名前は奈月(偽名)私はコミュ障だ。
人とのコミュニケーションが上手く出来ない。
私はそんな自分が嫌いで、変わりたかった。

小学一年生の頃に私に友達が出来た。
春香
なっちゃん、一緒に帰ろう。
奈月•*¨*•.¸¸♪(私)
うん。いいよ。
春香
今日の宿題って何だっけ?
奈月•*¨*•.¸¸♪(私)
算プリと漢字だよ。
春香
面倒くさいなー。なっちゃん家でやってもいい?
奈月•*¨*•.¸¸♪(私)
いいよ。一緒にやろう。
春香
ありがとう。さっさとやっちゃお!
奈月•*¨*•.¸¸♪(私)
うん…!
奈月•*¨*•.¸¸♪(私)
一年生の始めの頃の春香との会話はこんな感じ。
春香
なっつー!一緒に帰ろー!
奈月•*¨*•.¸¸♪(私)