Loading...

ひとり劇場

1日目Part2

Twitter企画どうあん再チャットまとめ

オオダ
食堂へ移動しました
來間 詩郎
 
久留米 幸
 
久留米 幸
「うん、ばいばい!……さてと。僕も食べ終わったしそろそろ見回りに行こうかな。じゃあね!」
魅無口 しおん
「あれ?他の方もいらっしゃった感じですか?

幸さん、お疲れ様です。行ってらっしゃい...です」
久留米 幸
「うん。またね!」

(退室)
魅無口 しおん
「....僕と詩郎くんだけになっちゃった」
(ラックからご飯出して)

「.....どうしよう...」
魅無口 しおん
「...あ!」
(ご飯持って配膳室の方へ行きます)

(退室)
左海 真
配膳室で作業していて、雪也さんがきました。
白 雪也
「お、おい、危ないぞ.....流石に」
魅無口 しおん
「ふぇ?」
白 雪也
「いやいやいや、ふぇ?じゃねぇよ.....」
白 雪也
「いやたまたまこっちに来たら二の腕に包丁当ててる姿が後ろから見えたから......」
魅無口 しおん
「あ、ポテチのついでに揚げ物作ろうとしてただけだよ??」
白 雪也
「揚げ物?.....なんの?」
魅無口 しおん
「ヤギ肉?」
白 雪也
「二の腕で唐揚げすな」
白 雪也
「揚げ物もらった方も困惑するわ」
魅無口 しおん
「....あ...好きじゃなかった??ヤギ肉...。獣臭いって言うもんね...」
白 雪也
「いや、お前の肉だから困惑するんだよ。
ヤギ肉とか鶏肉とかここに肉置いてないのか?」
魅無口 しおん
「.....??ヤギだけど...僕。」
白 雪也
「いやそうだけど一部だろうが。あと元人間を流石に食う気にはならんだろうし。お前痛いだろうが。アホか」
白 雪也
「頼むから自分を傷つけてくれるなよ。心臓に悪すぎる」
魅無口 しおん
「ん?ヤギは家畜だからそれが当たり前じゃないの??」
白 雪也
「えぇ....でもお前その前に人間だろうが.....」
魅無口 しおん
「....多分ヤギだよ。こんなとこいるんだし」
(にこっとして)
白 雪也
「だったとしても患者の立場で医者の手間かけさせることすんなよ.......(呆れ)」
白 雪也
「他に材料はあるんだ。わざわざ自分の使わんでもいいだろ」
白 雪也
「え?あるよな。ないと飯作れんだろうしなぁ」
魅無口 しおん
「...家畜または患畜って言わないか...まぁ、普通言わないよね

家畜はね、人間さんに利用してもらう為にいるんだよ??」
白 雪也
「ほれ、ここにお肉あったぞ」
(冷蔵庫を指さして)
魅無口 しおん
「確かにね。でもヤギも食べるよ?....正直なんの為に生かされてるか分からないから、僕は食肉用だと思ってたんだけど?」
白 雪也
「まぁそれは管理してる連中が知ってることで俺たちには知らされないだろうけど、そのうちなんかいってくるんじゃねーの?」
白 雪也
「それともなんだ.....飯になって食われたい的な願望でもあんのか?」
魅無口 しおん
「....だって...食材は無駄にしちゃいけないでしょ?」
白 雪也
「ここに食える食材あるんだからこっちから食えばいいだろ。それこそこの冷蔵庫の中身はもう死んでるんだぜ。腐る前に食べないと無駄になる」
魅無口 しおん
「確かに...そうだね!」
魅無口 しおん
「じゃ、オムライス作る?」
白 雪也
「突然のオムライス」
魅無口 しおん
しおん「この間お話ししたでしょ?」
白 雪也
「まぁな。そうだけども」
白 雪也
「ただ俺さっき飯食ったばっかりなんだよな」
魅無口 しおん
「....雪也くんならきっと入るよ!!成長期....だよね??」
白 雪也
「いや、流石に太るのでは...まぁお前が半分食うならいけるかも」
魅無口 しおん
「....んー、1口なら食べれるかなぁ...」
魅無口 しおん
「あ、ポテチとオムライス作って、コーラあるみたいだからコーラ持ってお絵描きしに行かない?他の人来るかもだし」
魅無口 しおん
「誰も来なかったら、杏季兄のお部屋の前にでも届けよ?」
白 雪也
「あーいいんじゃないか」
魅無口 しおん
「じゃあ作ろう」
(部屋を物色します)
白 雪也
「あとは食堂にとかにご自由にどうぞーって置いとくのでもありだけど、絵を描きたいなら談話室に行くほうがいいかもな(ぺいっと冷蔵庫を閉めて物色を始める)」
魅無口 しおん
「鍋は作業台の下にあったよ〜」
白 雪也
「コーラとか油は食料棚にありそうだ」
白 雪也
「あーポテチってもう作ったのか?」
魅無口 しおん
「あとは腸詰めと調味料と、お米は...炊いてあるのある?」
魅無口 しおん
「まだ作ってないよ。おじゃがさんも必要だね」
白 雪也
「とりあえず油とコーラと芋な。(机に置いて)」
魅無口 しおん
「ありがとう〜」
白 雪也
「生米はさっき見つけたが、あるかな。腸詰は冷蔵庫じゃねぇかな?さっき肉あったから」
白 雪也
「パックのやつあったぞ。」
魅無口 しおん
「腸詰め♪腸詰め♪」
(冷蔵庫を物色)
白 雪也
「冷蔵庫にもなんか炊いたお米のあまりあったけど。タッパーに入ってるから誰か個人のだろうし触らんほうがいいだろう」
魅無口 しおん
「あ、僕入れたやつだよ。口はつけてないよ」
白 雪也
「あ、そうなのか?自分用?」
魅無口 しおん
「...お昼残したら捨てちゃうかなって思って...でも食べる自信なかったから全部、冷蔵庫に入れたよ...」
白 雪也
「え?じゃあ飯食ってないの?」
魅無口 しおん
「......(きまり悪そうに頷く)」
白 雪也
「...じゃあポテチ作って食おうぜ。飯よりは食いやすいだろ。サクッとしとるし」
魅無口 しおん
「....油っこいのしばらく食べてないから...胃にグッときそう...」
白 雪也
「あー....んー。おにぎりでも握ってやろうか?
一つぐらいなら食べれないか?」
魅無口 しおん
「....んー、大丈夫だよ?朝食べたし。」
白 雪也
「....んー。でも昼は別にいると思うけどな。昼抜くなら夜はちゃんと食えよ。流石に一食だけじゃ体に悪いぞ」
魅無口 しおん
「...あー...さすがに隠すの難しくなってきちゃったから...言うね...食べるの苦手なんだ...ここ来る前も作るだけ作って、まともに食べてなかったし...」
白 雪也
「あーーーんーーそうなん?そりゃ大変だな。」
白 雪也
「飯食わん代わりに点滴とかでもしてたんか?」
白 雪也
「流石に全く食わんのは死ぬしなぁ」
魅無口 しおん
「サプリメント買ってたよ」
白 雪也
「なんかそういうの職員に頼んでみれば?食べるのが受け付けないから点滴とかサプリメント飲むとかできないか?って」
魅無口 しおん
「職員さんに迷惑かけられないし大丈夫」
白 雪也
「お前が倒れた方が迷惑だと思うが」
白 雪也
「今そうなってるか知らんけど、少なくとも健康になるために行くのが病院なんだから頼むことは変なことじゃないと思うぞ」
魅無口 しおん
「頼める人...いないんだよね...」
白 雪也
「さっきの狐?のせんせーは?」
白 雪也
「なんか優しそうじゃん?」
魅無口 しおん
「杏季兄?.....昔、クソみたいな性格してるって言われたんだよね。」
白 雪也
「え?誰が誰に?クソって言われたんだ?」
魅無口 しおん
「杏季兄に、僕が。....この間その話ししたら、そんな事言ったっけ?って言ってたからまぁ、僕の記憶違いだと思うけど。」
白 雪也
「へぇーなんか複雑なんだなー。お前たち知り合い同士だったんだな」
魅無口 しおん
「ちょっと一緒に生活してた事がある程度だよ。正直、再会したくなかったかな」
(笑顔で)
白 雪也
「えーまじー?怖」
白 雪也
「なのに差し入れはするんだな。仲がいんだか悪いんだかよくわかんねぇな」
魅無口 しおん
「杏季兄はポテチ(コンソメ)とコーラ結構食べてたよ〜」
白 雪也
「ふーん。とりあえずあっちは仕事なんだし、差し入れついでに聞いてみたら?」
魅無口 しおん
「....んー..どうしよう?」
白 雪也
「飯食ってないって他人から言われて無理やり食わされ続けるのと、ちょっとたのむだけ頼んでみるなら後者の方が簡単じゃね」
魅無口 しおん
「...そうだね...そうしてみる」
白 雪也
「ん。で、ポテチ作ろうぜ」
魅無口 しおん