ひとり劇場

髑髏と薔薇 オリジナル

オリジナルです。(かぶってるかもしれない)

※漢字、漢数字、英数字一貫してないですが悪しからず
ある日の放課後。
二年三組36人は、6つの空き教室に6人ずつ集められた。
※以下の会話には次の決まりがある。
()内の文字は心の中の言葉で、他の人には聞こえない。
たかし
つーか、何?これ。先生、遅くね?
集められて30分。未だ誰もこない。
あいこ
確かに、ちょっとおかしいね
たかし
だよな。あー、俺もう帰るわ
たかしは扉に手をかけたが、しかしピクリとも動かない。
たかし
あ、あれ?開かねえ。おい、どうなってんだよ!
あいこ
え、あ、開かないってどうゆうこと?
あいこも扉を開けようとするが、結果は虚しく。
たかし
鍵、閉められてんのか?
しき
いや、鍵だったら内側から開けれるだろ
だが、この教室に鍵はつけられていない。
しき
それに、鍵って感じじゃない。完全に固定されてるみたいだ。
ガタガタという音もしない扉を前に、あいこはへたり込む。
あいこ
え、ちょっと、どうすんのー?やばくない?
しき
(うるせえ)
きずな
どうなってんだろね
たかし
ちょちょ、軽く言うなよきずなさーん。やばいってこれは
きずな
(口調変わった?)
麻木
あ、あのぉ
あいこ
ん?ああ、麻木さんもいたねーそういえば。で、何?
たかし
(あいこ怖っ)
麻木
えっと、ケータイで誰か呼べばいいのではないでしょうか……
しき
いや、さっき試したけど、ここ圏外だった
麻木
あ、そうですか、すみません……
たかし
(周到だ……)
えり
でも、本当にやばいよねー
あいこ
え、あ、そうだね
麻木
(……もしかして、監禁された?)
麻木
(狂った人たちは殺し合い、私としき君が残って)
麻木
(2人で協力して脱出。私としき君は結ばれる……ぐふふ)
しき
(麻木さん笑ってる?怖いな)
と、その時。
全員のスマートフォンからアラートが鳴った。
あいこ
?!
たかし
なんだ?!
麻木
ヒッ……
しき
(なんだ?)
一斉にスマートフォンを取り出し確認する。
あいこ
え、、、?
きずな
なに、これ?
しき
(……)
たかし
なんだよ、これ。まじでさ!
スマートフォンには、以下の内容が表示されていた。
スマートフォン
今から、君たちにはゲームをしてもらう。
スマートフォン
負けた者は死ぬ
たかし
おいおい何これ!
あいこ
死ぬってどういうことよ!
しき
ホームボタンも効かない、か
麻木
(え、ちょっと、え?)
きずな
これって、はっきんぐって言うんだっけ。すごいなぁ
しき
いやそんなこと言ってる場合じゃないだろ、きずな
スマートフォン
ゲーム内容は
スマートフォン
髑髏と薔薇
あいこ
なんて読むの?
えり
どくろとばら、ね
きずな
どくろとばら?
しき
テーブルゲームのことだ
たかし
なんだ、それ?知らねーぞ?
スマートフォン
ルールを説明する
スマートフォン
まず、プレイヤーは4枚の手札を所有している。
スマートフォン
内容は、薔薇が3つ、髑髏が1つ。
スマートフォン
<画像>
スマートフォン
次に、四角いマットを各人一枚、自分の前に髑髏を表にして置く。
スマートフォン
<画像>
スマートフォン
ゲームの進め方
スマートフォン
親となる人を1人決める。
スマートフォン
その人から時計回りに髑髏か薔薇どちらかの手札を順番にマットの上に伏せて置いていく。
スマートフォン
6人全員が置き終わったら、以降「チャレンジ」または「重ね置き」が可能となる。
スマートフォン
重ね置きは、自分の手札から一枚重ねることができる。
スマートフォン
チャレンジの説明
スマートフォン