ひとり劇場

走れうどん屋

俺が出前に行った話

店長は激怒した。電話相手のお客に、必ずしもこのうどんを届けてやると誓った。
といっても、うどんを届けるのは俺なんだが
店長
何ぃ!?「出前を頼みたい」だと!?
店長
うちは出前をやってなんかない…て、あ!切られた!
さっきから店長がうるさいがあえて無視をする。
店長
おい、バイト
げ、呼ばれた。
…なんすか、店長
店長
なんすかじゃねえ。お前暇そうだろ。出前に行け
えぇ?ここの店って出前やってないんですよね?
店長
確かにそうなんだが、断りきれなくてな
なんでまた
店長
どうやら客は老婆でな。耳が遠いらしくこっちの話がよく聞こてないらしいんだ
それなのによく電話してきましたね…その人
店長
ああ、全くだ
店長
そんなわけで、バイト。出前に行ってこい
ええ、嫌ですよ。めんどくさい
店長
行ったら給料2倍な
それでは出前に行ってきます。
俺が早足に店から出ると
店長
おい待て。出前行くってのに出前の品持っていかなくてどうするんだよ
♦︎ ♦︎ ♦︎
給料2倍に釣られて店出たのはいいけど、目的の住所ここからだと遠いな…
…ん?遠くがなんだか騒がしいな。行ってみよう
お客
なんで唐揚げ弁当がないんだ!
!?
店員
だから…!先ほどお伝えしたように唐揚げ弁当は売り切れに…
お客
ええい!そんなくだらない理由で諦めてたまるか!
あのー
お客
なんだ!
唐揚げ弁当なら近くのロー⚫︎ンに売っていますよ
お客
何!それは本当か!そうならさっさと言わんかい
そう言うや否や、お客はロー⚫︎ンに向かって走って行った
店員に何か言われた気がするけどとりあえず無視した。ごめんなさい
♦︎ ♦︎ ♦︎
あれぇ?目的の住所ここら辺のはずなんだけど
にしてもここの坂、急だなぁ…もう少しなめらかにならないのかよ
すると突然、向こうの方から
主婦
拾ってくださーい!
なんだなんだ!!???
大量のミカンが坂を転がってこちらに向かって来た
うわー!!!
大量のミカンに足を取られ、俺もミカンと一緒に坂を転がってしまった
それが不幸となり、手に持ってる岡持ち(うどんを入れてる箱)が宙に舞った
マズイ…
視界がボヤけ、走馬灯が見えてきた
幼児期の俺
えええ!!!???目玉焼きにはソースだるぅぅぅううぉぉおお????
我が家のまゆちゃん
ソースぅぅううう?????はっ!!!!!これだから野良猫は!!!
幼児期の俺
なんだとぉぉおおお!!!!!?????💢💢💢
…いや、我が家のまゆちゃんって誰だよ。俺の人生の中で出てきたの今回が初めてだよ
主婦
大丈夫ですか…?
え?あ、はい。大丈夫です
主婦
そうですか、それはよかったです。あ、これ。落し物です
そう言って主婦が俺に岡持ちを渡した
あ!これ、ありがとうございます!
確認したところ、どうやら中身は無事なようだ
よかったぁ…給料半額は免れた
前に一度だけ、給料を半額にされたことがある。その時は本当に泣きそうだった
泣いてないけど
主婦
それでは、お気をつけて
はい
…結局、あのミカンは何だったのか?
♦︎ ♦︎ ♦︎
着いたっ!
立派にそびえるその洋館は、不気味な雰囲気を醸し出してた