ひとり劇場

悪の六つ子①

これは【悪の娘】や【悪の召使い】などを六つ子でやってみた、というものです。所々違いますがネタバレ注意です!あと、悪の娘などはボカロや本になっています。面白いので是非みてください!※悪の娘などはバッドエンドですが、これはハッピーエンドにしようと思っています。だ、だってバッドエンドって悲しいじゃないですか!あれ見て私号泣したんですよ!そして自分でハッピーエンドにすれば良いじゃないか!って思ってこれ書いたというわけです。あと…スミマセンでしたああああああ!!たくさんシリーズ物書いてんのになんで次から次へと書いてんだ!と思ったそこのあなた!書いてみたかったんですよ!(前回の使い回し)それにですね、待ってた人も居ないと思いますが私iPadでやってるんですよ。でも前のアップデートで急に投稿出来なくなっちゃって…。だからずっと投稿出来なかったんですよ!でも今回運営さんがアップデートで出来るようにしてくれたので今投稿出来てるんです!本当に運営さんありがとうございます!あと続くか未定です(´・ω・`)でもイイねがたくさん付いたら続きます。では長くなりましたがどうぞ見て下さいm(*_ _)m

一松
ほらひさまづけ、俺の命令は絶対だ。わかってるな…?
ヒヒ…あー楽しい。
一松
昔、悪逆非道の国の頂点に君臨する14歳の王子「一松」がいました
王子はわがままでいつも国民達を苦しめていました
国民
うぅ…これでは餓死してしまう…
金もなにもかもない、もう死んでしまうのか…
国民
誰か助けて…お腹が空いたの
国民


十四松
一松兄さん、今日は青の国で大切な会議があるよ!
一松
あぁ、確かそうだったな…。
まぁ適当に終わらすか。
カラ松
青の国
カラ松
お会いできて光栄です。紫の国の一松王子ですね?
一松
あぁ…
カラ松
今日の会議の内容は…
一松
(こいつカッコいいじゃん。気に入っちゃった…ヒヒ
カラ松