ひとり劇場

月赤LINE2

ファイン
シェイド
ファイン
あのね、クラスの女の子に頼まれたんだけど
ファイン
もしイヤだったら無視していいんだけど、聞きたいことがあって…
シェイド
イヤも何も、まだ質問を受けてない
ファイン
あっ、そ、そうだよね!えっと…
ファイン
シェイドって…好きな人いる?
ファイン
ってごめん!イヤだよねこんなの!気を悪くしちゃったらごめんね!
ファイン
シェイドこういう話、好きじゃなさそうだもんね…
シェイド
いるよ
シェイド
好きな人
ファイン
えっ
シェイド
ずっといるよ、好きな人
ファイン
え、あ、そ、そうなんだ
ファイン
どんな人…?
シェイド
そうだな…
シェイド
そいつの笑顔が、オレの宝物だ。
ファイン
宝物…
シェイド
笑顔が似合ってて、おひさまみたいで、危なっかしくて見ていてハラハラする
シェイド
オレが守ってやりたい、支えてやりたい、そう思えるやつだ。
シェイド
お前にだけは絶対に分からないと思うけどな。オレの好きな人
ファイン
わ、わかるよ。シェイドの好きな人
シェイド
いや、絶対お前は分かってない
ファイン
また子どもあつかいして…
シェイド
そう言うお前はいるのか?
シェイド
好きな人
ファイン
え!?あ、あたし!?
シェイド
まあよく聞かれるしな、オレも
ファイン
い、い、い、いるよ…一応
シェイド
いるのか
シェイド
どんなやつだ?
ファイン
夜、みたいな人?
シェイド
夜?
ファイン
うん。いつもちょっと冷たいけど、本当は優しくて、あったかいの!
シェイド
へぇ…
シェイド
ファインのことだ、もうそいつには告白してたり…
シェイド
いや、悪い。こういうことはあまり聞くべきではないよな。すまない。
ファイン
告白してないよ
ファイン
だって、その人はあたしじゃなくて、多分レインのことが好きだから
シェイド
へぇ…なら、好都合だな
ファイン
あっ!また読めない漢字使ってズルいよ!
シェイド
ファイン
ファイン
なに?
シェイド
今度の日曜、どこか遊びに行くか
ファイン