ひとり劇場

斜陽とワイン

初投稿です......!夢100でアルフレッドと姫です。姫の名前は気にせずに;;;;;

アルフレッド
やぁ、今は皆、何をしているのかな。
タカ
わ、アルフレッドさん!
アルフレッド
やぁ、タカ、元気にしているかい?
タカ
あ、はい!元気です!ところで、アルフレッドさんは何故こちらに?
アルフレッド
独りというのも良いものなんだけどね。少し、誰か居ないかと思ったんだけど......タカ、君がいたよ。
タカ
......あ、あはは......(暇、なのかな......?)
アルフレッド
良かったら、ワインでもどうだい?......沈んでいく夕陽を眺めてのワインも、いい物だよ......?
タカ
は、はい!いいですね、是非!
アルフレッド
ふふ......素直な子だ......。じゃ、行こうか。
アルフレッド
..........これは、70年物のワインだよ。これもまた、いい味が出ている......どうぞ。
タカ
......わぁ、とても美味しいです......!香りが素敵なワインですね。
アルフレッド
ふふ..........
タカ
アルフレッドさん???
アルフレッド
いや、君もだいぶワインの良さが分かってきたのかと思ってね。
タカ
そ、そんな事ないですよ......!ただ、アルフレッドさんが作って下さるワインが、いつも美味しくて...!
アルフレッド
ありがとう、タカ、嬉しいよ。......それと、もう一杯欲しかったりするのかな?
タカ
!!あ〜、はい......欲しい、です......
アルフレッド
君は、本当に......
タカ
え?
アルフレッド
いや、何でもないさ。そろそろ部屋に戻るとしようか。寒くなってきただろう?
タカ
そうですね、ありがとうございます。
グヴィード
へえ、ここが......
アルフレッド
おや?
タカ
どうしました?
アルフレッド
......どうやら、客人が来ているみたいだ。

2  

投稿日時:2016-07-08 17:10
投稿者:アナログ2号
閲覧数:2

↑このページの先頭に戻る