ひとり劇場

赤ずきんちゃんは出来ません。

ディシディアメンバーで赤ずきんちゃんパロ!!!できないね!知ってた!最後の方、考えようによっては連想する方もいらっしゃるかも知れませんが、私としてはそういうつもりで書いてはないです!あくまでクラウドの身分上の話です!_○/|_

バッツ
えー、みんなお揃いですかー?
バッツ
では、これから赤ずきんちゃんのお芝居をします!!
バッツ
役は事前に決めておいた筈なので、さっそく始めたいと思いまーす
バッツ
始まり始まり
バッツ
あるところにそれはそれは綺麗な金髪で碧い瞳のクラウドという青年がいました。
フリオニール
(青年が……)
バッツ
ある日、森の中に住んでいるフリオニールが病気になってしまったと聞き、特に何の関係もなかったのですが、一応仲間なので御見舞に行くことになりました
セシル
ねぇねぇクラウド、森の中に住んでいる仲間のフリオニールが病気になっちゃったんだ。御見舞に言ってくれないかい?僕は残念だけど、バロンに行かなきゃいけないんだ。
クラウド
は?なんで俺が……
セシル
行ってくれるよね?
クラウド
………あぁ。
バッツ
セシルを怒らせると面倒なのことを知っているのでクラウドは二言返事をしました。
セシル
この袋を持っていってくれるかい?中にポーションとエーテルが入ってるんだ。
あと、寄り道はしちゃダメだよ。途中おかしなセフィロスにあっても無視するんだ。
クラウド
分かった。俺の乗った列車は途中下車できないからな…。
バッツ
なんやかんやで、準備を整えたクラウドは愛用のバスターソードと言われた袋を持ち、森へ向かいました
ジタン
(殺る気満々じゃねぇかw)
バッツ
しかし、森へ入る手前
セフィロス
久しぶりだな、クラウド
クラウド
っ!セフィロス!!
バッツ
半ば、お約束とも言える展開でクラウドはセフィロスと遭遇してしまうのでした。
セフィロス
そんな袋を下げてどこへ行く?
クラウド
どこへ行こうと俺の勝手だろ…!!
セフィロス
どうせまた使いにでもされたのだろう。クックックッ……お前はやはり人形か
クラウド
黙れ!俺は森の中のフリオニールのところへ行きたいんだ!!さっさとどけろ!
セフィロス
そうか
バッツ
ふと、セフィロスは親切な説明の中に出てきたフリオニールという人の魔力を奪いクラウドに絶望を与えたくなりました
バッツ
けれど、このまま行くとクラウドが先にフリオニールという人の元に着くと考えたセフィロスは
セフィロス
ところでクラウド、周りを見てみろ。モンスターがわんさかいるぞ、ほら、あそこを見てみろ。バハムートとウェポンがいる。
クラウド
なんだと!?
バッツ
何かと周りを思うクラウドの良心を突き、そのままバスターソードを持ってモンスターに立ち向かう背中を見送りフリオニールのところへ向かうのでした。
フリオニール
(なんで説明した!?!?)
ジタン
(フリオニールカワイソスww)
バッツ
まもなくして、セフィロスはフリオニールの家に着きました。
セフィロス
おい、フリオニールとやら。いるか?
フリオニール
あ、あぁいる。クラウドか?
セフィロス
そうだ。中へ入れてくれ
バッツ
そこは流石ジェノバ。クラウドの声ぐらい真似できてしまいます。
フリオニール
そうか、すまん。俺は今ちょっと歩けない。鍵は空いてるから中に入っていいぞ。
バッツ
少し、不審に思ったフリオニールでしたが、物語の進行上ここを疑うわけにはいかないので中に入れることにしました
セフィロス
ほう、お前がフリオニールか。
フリオニール
!?誰だお前!!クラウドの声なのに!?
セフィロス
私か?私はな。ハハッ、何を喋っているんだ、私は。まぁいい。
フリオニール
何も良くない!
セフィロス
魔力を奪いに来たわけだが、ほとんど底をついているな。
フリオニール
話を聞け!!!
セフィロス
とりあえず、何もしなかったとあれば面白くもなんともない。生憎、人肉を食べる趣味もないしな。ということでそこでじっとしておいてもらおうか。
フリオニール
えっ、ちょっ、
バッツ
と言うとセフィロスはフリオニールにストップの魔法をかけ押し入れの中に突っ込みました。
セシル
(フリオニール…ww)
バッツ
そのあとセフィロスはベットに寝転びました。
しばらくすると開けっぱなしだった扉からクラウドが入ってきました。
クラウド
……?フリオニール…か?
セフィロス
あぁ。
クラウド
少し似たな。何にとは言わないが
セフィロス
そうか?
クラウド
それより、その目はどうした。妙に緑色になったな。
セフィロス
それはな、もともとだ。
クラウド
そうだったか…?その長髪はどうした。
セフィロス
それもな、もともとだ。
クラウド
そ、そうか。鎧はどうしたんだ?
セフィロス
もともと着ていないが、鎧を着て寝るやつはそうそういない。
クラウド
それもそうだな。では、なぜその馬鹿長い正宗みたいな刀を持っている?
セフィロス
それはな………お前を刺すためだクラウド。
クラウド
!?!?セフィロス!?何故ここに!!というかフリオニールじゃなかったのか!!!
セフィロス
お前は本気で私をフリオニールだと思っていたのか。
クラウド
だ、黙れ!!なんでもいいだろ!
セフィロス
なぁクラウド?リユニオンしないか?
クラウド
今の話のどこにリユニオンの要素があったんだよ!!!嫌だね!!
セフィロス
そう連れないことを言うなクラウド。
クラウド
興味無いね!!
セフィロス
ほんとに興味無いか?
クラウド
逆にあると思ったのか!!?
バッツ
セフィロスがクラウドを口説いているとそこへジタンがやってきました。
ジタン
おーい、見舞いに来てやったぞ、と………え、なにこれナンパ中?
クラウド
ジタン!!!いいところに来た!
ジタン
え、いや、俺そういう趣味ないんで。失礼しました。
クラウド
違う!待てジタン!!違う!!!
セフィロス