ひとり劇場

*野郎LINEの裏側*その8

ライ主♀。これで最後です。長文駄文でしたが、おつきあいくださりありがとうございました(*´`*)

コトネ
着いた……!
ライバル
いくぞ!
コトネ
うん!
コトネ
コトネ
コトネ
……。
ライバル
大丈夫だ。あとはジョーイさんに任せろ。
コトネ
う、ん。
ライバル
警察も呼んでおいたから。
コトネ
ん。……。
ライバル
……悪い。
コトネ
え?
ライバル
俺が、もっと早くに奥へ行っていたら……あのハネッコは助かったかもしれないのに。
コトネ
……。ライバルくんのせいじゃないよ。あの子、もう……冷たく……なって、た。……。
ライバル
コトネ……。
コトネ
ジョーイさん、あのポケモンたちもう3日は飲まず食わずかもしんないって言ってた。酷いよ……酷すぎるよ……。
ライバル
……。
コトネ
全部ロケット団のせいだ。
……許せない。
ライバル
俺も、同じ気持ちだ。
コトネ
う……ライバルくぅん……っ……。
ライバル
……。ほら、肩貸してやるから。
コトネ
ん……。… … …
ライバル
……。
ライバル
くそっ……ロケット団め……。
コトネ
… …すぅ
ライバル
……コトネ?寝た、のか?
ライバル
……。動けないな。まあいい。
コトネ
… …
ライバル
……。
ライバル
コトネ
… …
……はっ!
ライバル
起きたか。
コトネ
ご、ごめん長いこと寝ちゃってた……?!
ライバル
いや。10分くらいだ。
それよりも……ほら。
コトネ
あ……。2匹とも。
ライバル
もう大丈夫だそうだ。
コトネ
良かった。本当に……。
ライバル
良かったな。
でもまだ安静にしておかないと駄目らしい。
コトネ
じゃあ私がしばらく面倒見るよ!
私のポケモンと一緒にいたらきっと元気になるはず。
ライバル
そうか。……お前は優しいな。
コトネ
ライバルくんほどじゃないよ。
ライバルくんが案内してくれたから、この子たちは助かったんだ。ありがとうね。
ライバル
……。ったく。どうせここでコトネの方が優しいって言ったらいたちごっこになるじゃないか。
コトネ
じゃあ、私たちどっちも優しいってことで!笑
それでね、ライバルくん。
ライバル
何だ。
コトネ
ライバルくんは、どうしてあの場所を知っていたの?
ライバル
……何故だと思う?
コトネ
えっ……その、……えっと。
ライバル
お前が今考えてることでだいたいあってるはずだ。
コトネ
じゃあ。ライバルくんロケット団なの……?
ライバル
半分正解だ。正しくは、身内がロケット団の一員、……ってことだ。
俺も小さい頃からよく会合に参加させられていた。
コトネ
そ、そうなの。……。
ライバル
…………。
ライバル
……、
ライバル
……がっかりしたか?
コトネ
ううん。大丈夫、だよ。
ライバル
無理しなくていいんだぞ。本当のことを言ってくれ。
コトネ
本当に、大丈夫だよ。だって、ライバルくんはロケット団のお手伝いしてないんでしょ?
コトネ
でも、一つ聞いていい?
ライバル
なんだ?
コトネ
その……ロケット団に入ってるライバルくんの身内って、お父さんのこと?
ライバル
……ああ。そうだ。
コトネ
お名前は、……確か。サカキ。
ライバル