ひとり劇場

人見轢沙子と蓬莱少女繪幻想たちの鍋

季節外れの鍋を楽しみます

未来世紀のブロンド巫女
季節はずれの!
神道国幻想
鍋ー!
月光の反魂
魔力を感じる・・・!
白山修験
みんなで食べる鍋は一番ですよね
人見轢沙子
食べましょう
読書と妖怪の秋
・・・待って。みんな何を持ってきたのか確認しましょう
お掃除メイド
私は野菜!白菜からキノコまで買ったわ!
人見轢沙子
私は肉買ったわ。いい肉よ
神道国幻想
やるねぇ!私は春雨だ!
未来世紀のブロンド巫女
鶏肉を団子にしてみたぜ!
白山修験
・・・私は出汁です!
月光の反魂
そうか
人見轢沙子
まさか月光ちゃん、貴女・・・
月光の反魂
いやいや、鍋を用意した!多人数でも食べられる鍋だ!
人見轢沙子
あっ。よかった
読書と妖怪の秋
(結果的に私は何も用意してないけどスルーされたからいいとしましょう)
人見轢沙子
あとひとつ、シメの・・・
神道国幻想
シメの?
人見轢沙子
じゃーん!ラーメンだよー!
神道国幻想
白山修験
!!
お掃除メイド
!!!
人見轢沙子
後で食べましょう
人見轢沙子
(気のせいかみんなの目つきが鋭くなったような)
お掃除メイド
さあ。鍋の蓋を開けましょう!
ナレーター
そういうと鍋の蓋を開けた。美味しそうな香りが漂う
人見轢沙子
それじゃあ、いただきます!
ナレーター
彼女達もいただきますを言う
神道国幻想
もぐもぐ・・・。うおお、うめー!野菜がよく染み込んでいるー!
月光の反魂
秘められし肉。これほどまで満ち足りるとは・・・!
読書と妖怪の秋
・・・鶏肉の団子。いいわね
未来世紀のブロンド巫女
春雨がいい役してんなー!
人見轢沙子
きのこってこれほど美味しいなんて!
お掃除メイド
肉も野菜もまだあるからね
白山修験
とりあえずゆっくり食べましょう皆さん?
ナレーター
肉と野菜を何度も追加してそれらを食べた7人。そろそろ無くなってきたころだった
人見轢沙子
それじゃあ、シメのラーメン行きましょうか
未来世紀のブロンド巫女
ラーメン?
お掃除メイド
来たわね
月光の反魂
早く入れろ
読書と妖怪の秋
・・・時間は?
神道国幻想
覚悟はできてる
白山修験
しばし、待ちます
人見轢沙子
・・・いや、みんなラーメン好きだからってここまで目つき変わるほどじゃないでしょ
ナレーター
そうして残った出汁にシメのラーメンを投入する
人見轢沙子
・・・
未来世紀のブロンド巫女
・・・まだか
お掃除メイド
・・・あと2分
月光の反魂
・・・がるる
読書と妖怪の秋
・・・箸の用意はした
神道国幻想
・・・ラーメン。早く煮えろ
白山修験
・・・待ちきれない
ナレーター
ラーメンが煮えた時間になった
人見轢沙子
じゃあ、開けるわよ
ナレーター
そう轢沙子が蓋を開けた瞬間
未来世紀のブロンド巫女
うおお!麺をとれー!!
お掃除メイド
絶対大量に食う!
人見轢沙子
ちょ、ちょっとみんな落ち着い・・・!
月光の反魂
・・・ずるる!ずるる!
読書と妖怪の秋
・・・まだ・・・足りない!!
神道国幻想
誰にも麺は渡さん!
白山修験
早い者勝ちです!
人見轢沙子
あっ!あー!!
ナレーター
轢沙子が声を上げたとき、既にラーメンは無くなっていた
人見轢沙子
・・・ぁ、ぁ
未来世紀のブロンド巫女
ふー。〆のラーメンうまかった
お掃除メイド
出汁とラーメンの相性抜群ね
月光の反魂
月光、満足
読書と妖怪の秋
・・・別腹ってやつよ
神道国幻想
いやーうまいもんだな!
白山修験
また食べたいです♪
人見轢沙子
・・・私、1口も食べてない
ナレーター
轢沙子は次の鍋はラーメンを買ってくるのはやめようと誓ったのだった

 

投稿日時:2016-06-28 01:09
投稿者:緑樹ユグ