ひとり劇場

現代神話物語~第3神~

~雫side~皆さん見てくれてありがとうございます!続きをどうぞ…

~雫side~
雲切 晴
いやーーーーーーー!!!!!
晴が悲鳴を上げた
そりゃそうだ…
私だって死にたくない…
ガッシャーン!!!!!!!!!!
そしたら突然雷が降ったんだもん
びっくりした…
だけどそのおかげ(?)でヌリカベは消えていた…
砂川 大地
何が起きた…
雲切 晴
ひくっ…ひくっ…っ…っ…
草間 雫
とりあえず…生き延びたのは…私達だけね…
そう、部屋は私達以外真っ赤だった…
砂川 大地
バイ〇ハザードみたいだな…
草間 雫
なにあんた、のんきなこと言ってんのよ
晴が私の肩に寄っかかりながら
雲切 晴
ひくっ…こわいよ…
私は何も言えず、ただ晴の頭を撫でていた…
いや、撫でてあげることしか出来なかった…
本当は2人に飛びついて、泣きたかった
抱きしめたかった…
…大地に飛びつきたかった…
だけど今はすべきじゃない…
草間 雫
で、こっからどうするの?
2人とも黙る(そりゃそうだ)
砂川 大地
…状況確認…
雲切 晴
避難…
草間 雫
おーけー
とりあえず、私達は別の教室に移動した
草間 雫
学校の状況を確認してくるわね
私は立ち上がった
砂川 大地
…俺も行く
草間 雫
いいわよ、私が行くから
草間 雫
それより、あんたは晴を見といて
砂川 大地
いいから
大地が珍しく目配せしてきた
草間 雫
はぁ…わかったわ
2人は教室を出ていった…

 

投稿日時:2016-06-27 22:02
投稿者:水切 魅尊
閲覧数:1

↑このページの先頭に戻る