ひとり劇場

*野郎LINEの裏側*その5

ライ主♀。恋愛描写を人物の台詞だけで表現するのはかえって恥ずかしいことがよく分かりました。笑 もう少しだけ続きます。

アサギシティ灯台付近
コトネ
アサギシティ……か。
ライバル
……どうだ?
コトネ
私、ここ好きだよ。海岸を歩いてみたかったの。
ライバル
よかった……。
コトネ
……。連れてってくれないの?
ライバル
あ、ああ。……いくか。
コトネ
……。
ライバル
……。
コトネ
……ライバルくん顔赤くない?
ライバル
そっ
そんなわけない!!
コトネ
ふふっ
風がきもちいーねー。
ライバル
そう、だな。
コトネ
ライバルくん手おっきいね。
ライバル
……そりゃあ、お前に比べたら。大きくないと駄目だろ。
コトネ
うんうん。
ライバル
……。
コトネ
……。
ライバル
お前の手は、小さいな。
コトネ
うん。
でもライバルくんがいるから、なんだか安心するよ。
ライバル
そ、そうか……?
コトネ
うん。
ライバル
……!
コトネ
嬉しそうな顔。
ライバル
え。
コトネ
そうやってすぐ顔に出るんだから。
ふふっ
ライバル
お、俺は……。
コトネ
それがライバルくんの良いところでもある。
そういうところ、私は好きよ。
ライバル
!!!か、からかうなって……。
コトネ
からかってなんかないよ。本心だよ、
ほ・ん・し・ん!
ライバル
……正直、迷ってたんだ。
コトネ
ライバル
お前を好きだと……伝えたはいいが、コトネは俺のどこが好きなんだろうとずっと考えてた。
コトネは教えてくれなかったから。
コトネ
だってそんなのいえる雰囲気をライバルくんが作ってくれなかったじゃない。私何度も言おうとしたよ。
ライバル
……悪い。
コトネ
でも、今作ってくれたからいいの。
なんなら好きなところあと10個言おうか?
ライバル
!!え、遠慮しとく……お前そんなに言えないだろう。
コトネ
えっとねー、
何事にも一生懸命なところ、
すっごい負けず嫌いなところ、
冷たそうで実は優しいところ、
いつも助けてくれるところ、
意思がとっても強いところ、
ひとりでだいたいのことはできちゃうところ、
普段怖いけど笑うとかわいい、
喜怒哀楽の表現がかわいい、
なんだかんだ私のこと気にかけてくれる、
いい匂いする
ほら!10個言えた!
ライバル
……っ!
コトネ
ライバルくんは?ねーねー私言ったんだから言ってよぉ。
ずっと気になってたの、私のどこが好きなの?
ライバル
……、……んなの全部だよ!もうお前という存在がいいんだ!そこに理由なんて無い!
……って
コトネ
……!
えへ、へへ……なんだか照れるなあ。
ライバル
……ありがとう。
コトネ
こちらこそ。ありがとね。
そっか、私だからいいんだね。嬉しいな。
ライバル
……ああ。
コトネ
…………あれ?行き止まり。
ライバル
先には通れないな。引き返すか。
コトネ
……待って!
ライバル
どうした?
コトネ
ライバルくん、目、閉じて。
ライバル
え。
(こ、これは……?!)
コトネ
閉じてったら閉じて!!
ライバル
ああ。……。
コトネ
……、……。
ライバル
……!
(頰……)
コトネ
えへへ。生まれてはじめてちゅーしちゃった〜。
じゃ、戻ろっか。
ライバル
コトネ、待て。
コトネ
えっ?
ライバル
目、閉じろ。
コトネ
え……あ、……うん。
……
ライバル
……
ライバル
……、
コトネ
……む。
ライバル