ひとり劇場

六兆年と一夜物語をおそ松さんでやってみた。

はい、なつ松です!!最近暑くて死にそうです…“六兆年と一夜物語“というボカロの曲知ってますか?私は昨日ハマりました!それで聞きながら、「あーこれおそ松さんでやってみたいなー。」ってことがあり作りましたw話は短いけど歌詞とかあとがき(?)とか書いたら長くなったw歌聴きながらの方が楽しいと思います〜!知らないひとは聞いてみてね!!いい曲だから!!

一松
これは《六兆年と一夜物語》の歌詞をおそ松さんでやったら…という感じです。
六兆年と一夜物語は歌です。知らない人は聞いてみてください!
一松
とある名も無い時代。ある集落に生まれた一人の名も無い少年の誰も知らない物語…
大人
お前なんか要らない存在なんだ!ドンッ(少年を蹴り飛ばす
一松
ガハッ…!?
大人
お前なんか死ねばいい!誰もお前なんか必要としてないだ!!バンッ(少年を殴る
一松
うっ…
一松
そう、少年は生まれついた時から忌み子、鬼の子として罰を受けてきました。
そんな少年を救おうと一人の女性が少年の手を引いて集落から逃げようとしました。
しかし…
女性
今のうちに逃げましょう!
大人
おい、なにしてんだ!
大人
殺せ!!殺せ!!
大人
バン!!(銃声
女性
バタっ(倒れる
大人
チッ…余計なことしやがって!
一松
(…寒い
一松
(僕はなんでなにをされても死ねないの?夢を見ることもできないのに
一松
夢を見ることもできず、死ぬこともできないのに少年の物語は夕焼けの中に消えてしまいました。
大人
ドン!(殴る
大人
バン!(蹴る
大人
吐き出すような暴力と蔑んだ目で見られる日々、そんななか少年の前に一人の少女少年の前に現れました。
「少年に話しかけてはならない」そのことはこの集落の誰もが知っていました。
ですが少女は違いました。
十四松
君の名前が知りたいな
十四松
少年は初めて他人から名前を聞かれました。でも少年は身振り手振りで少女に伝えました。
一松
(ごめんね、僕は名前も舌も無いんだ
十四松