Loading...

ひとり劇場

家出した○○とすとぷり 1話

毎日投稿一日目☆

○○
私は○○
○○
今年から小学3年生になる
○○
………でも
お母さん
○○今日もあんた学校休みなさい
○○
お母さん!待って…
お母さん
いいじゃない
学校行くよりも家の事手伝って
○○
っ…
○○
いつもこう、
学校行きたくても行けない
お父さんが他界してから
○○
毎日そう…
○○
っ…お母さん………
お母さん
なに?
お母さん
あ、そうだ
今日は窓の掃除からしてもらいたくて…で、そのあとに…
○○
お母さん!
お母さん
ビクッ
お母さん
なによ…。
○○
今日は小学校の始業式だよ!?
○○
私…。
始業式だけでもいいから
一度学校に行きたいの!
お母さん
はぁ…
お母さん
○○……
お母さん
いつからそんな我儘を
言うようになったの…?
お母さん
お母さんは
そんな子に育てた覚えないわ
○○
私だって…
こんな嫌な環境で
育てられた覚えない…
お母さん
っー!!!
お母さん
あんたね!!
いいかげんにしなさいよ!!!!
お母さん
お父さんがいなくなってから物わかりが良くない子供になって…!
お母さん
私がどれだけ
苦労してきたか!!!
○○
それは私も同じだよ…!
お母さん
うるさいうるさい!!
お母さん
バシッ(叩く
○○
○○
なんで……
お母さん
言うこと聞けないなら
躾けるしかないわ、
お母さん
いい?
これからあなたはこの家の番犬。
お母さん
犬なの
お母さん
私の言うことには全部
「はい。」
お母さん
返事は!?
○○
…はい……
○○
○o。..。o○
○○
そして現在、
中学一年生
○○
まだ、私は犬の立場を
やっている
○○
でももう…いいなりになるのは
……!
勘弁だ!!!!
○○
(今ならお母さんいないし
逃げ出そう!
○○
スッ(立ち上がる
○○
ガチャガチャッ
○○
っ!
○○
そうだ…手錠…
○○
〜っ!
○○
ガチャガチャガチャガチャガチャ!
○○
取れっ………そう!
○○
カチャンッ
○○
よしっ
○○
ふらっ
○○
……
○○
何年ぶりだろ……歩いたの…
○○
足がおぼつかない…
走ろうとしてもうまく……
○○
ぶんぶん(首を横に振る
○○
(今はそうじゃなくて
とにかく歩く!少しでもここから遠くに…!
○○
○o。..。o○
○○
はぁ……はぁ…
○○
(何時間歩いたんだろ…
○○
(ご飯も食べてない…
今頃お母さん私のこと探してるかな……
○○
(だめだ…意識が…
○○
バタッ
莉犬
!?
ころん
どうしたの?莉犬くん
莉犬
今なんか音が…
ころん
え、耳いいね
さとみ
何も聞こえなかったな…
莉犬
え…?俺だけ?
ななもり。
多分そうだと思う…
俺には聞こえなかったな
るぅと
僕も
ジェル
俺も
莉犬
マジ?
すとぷり
まじ
莉犬
え〜…
るぅと
ま、帰りましょ?
莉犬
で、でも…
莉犬
(音の鈍さからして
人間の可能性が…
ななもり。
……
ななもり。
気になるなら行こっか!
莉犬
え!
ななもり。
みんなは先帰ってて!
ななもり。
俺と莉犬くんで
音のした方に行ってみるから!
すとぷり
わかった!(ななもりーぬいがい
すとぷり
○o。..。o○
莉犬
たしかこっちらへんだった気が…
ななもり。
そうなの…?
ななもり。
結構歩いたけど
見つからないからいないんじゃ…
莉犬
なーくん…っ
ななもり。
ん?
莉犬
これ…!
莉犬
女のコが……
ななもり。
…!
ななもり。
ちょっちょっと!
ななもり。
だ、だ、大丈夫ですか!?
ななもり。
起きれますか!?
ななもり。
(((ゆさゆさ
○○
………
莉犬
意識無い…
ななもり。
意識戻ってから
話は聞くとして……
ななもり。
ひとまずお家につれてこ!
莉犬
そうだね…!
莉犬
ヨイショ((おんぶする
莉犬
!?
莉犬
軽っ……
ななもり。
じゃあ行こっか…
莉犬
うん…
莉犬
○o。..。o○
ななもり。
ただいま
莉犬
ただいま
すとぷり
すとぷり
ふたりともおかえっ…
すとぷり
だ、誰…?
ななもり。
あとで説明するから!
一旦待っててくれる?!
すとぷり
うん(なーくん焦ってる…
ななもり。
じゃあ莉犬くん
その子部屋に運んで…
ななもり。
俺色々持ってくるから!
莉犬
わかった!
莉犬
タッタッタッ
○○
っ………?
○○
ん…………
○○
(眩しい…ここお部屋?
○○
(隣りにいるのは…
莉犬
あ!目が覚めた?
○○
……?!?
ななもり。
ほんと!?
莉犬
うんうん!!
ななもり。
よかったぁ〜!!
○○
え、あ、はい、え
ななもり。
そりゃ混乱するよね…
ななもり。
じゃあさぱっと
説明するね!
ななもり。
説明終わる
ななもり。
と、いうことで…
○○
……なる…ほど…
○○
それで助けてくださったんですか
莉犬
倒れてて意識なかったからね
○○
…………ありがとうございます
莉犬
……と
莉犬
俺らからちょっと
聞きたいことあるんだけど
莉犬
聞いてもいいかな…?
○○
は、はい
莉犬
えっと、
莉犬
まず、あんなに夜遅かったけど
どうして一人だったの?
○○
家…出…ですかね…。
○○
お母さんに
ここ数年間犬のように扱われてきましたから…
○○
もう、耐えられなくて
莉犬
そっか…。
莉犬